ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.給料王のSQL serverのバージョンを変更する方法

対象製品
給料王21 令和3年年末調整対応版以降

 

SQL server2012のサポート終了に伴い、SQL serverのバージョンアップをお勧めいたします。

SQLserver2012のサポート終了に関しまして、詳しくは下記URLをクリックし内容をご確認ください。

SQL Server 2012 および Windows Server 2012 のサポート終了に応じた新しいオプション

 

インストール先フォルダーに、SQL serverを新しいバージョンにした際の、

給料王でのデータベース接続先を変更するツールがあります。

(給料王21 令和3年年末調整対応版 サービスパック1162022以降)

 

SQL serverのインストール後、給料王で使用されているSQLserverのバージョンを変更する場合は、以下の操作を行ってください。

SQL serverのインストールがまだの場合は、こちらをクリックして、「SQL server 2017」のインストールを行ってください。(Q&Aは販売王になりますが、操作は同じになります。ご参照ください)

なお、「SQL server」を既にインストール済みの方につきましては、下記<事前準備>をご確認いただき、操作を行ってください。

 

<事前準備>

SQLserverをインストール後、SQLServerの設定を変更します。

(ア)キーボードの「Windows」キー + 「R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」画面を表示します。

 (イ)「名前」欄に『services.msc』と入力して、[OK]をクリックします。

image001.jpg

 (ウ)「サービス」画面が表示されますので、インストールされたSQLserverのインスタンス名

(例:「SQL Server (SORIMACHI2017)」)を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

image002.jpg

(エ)「ログオン」タブをクリックし、現在の「アカウント」の選択から

「ローカル システム アカウント」に変更して、[OK]をクリックします。

image003.jpg

(オ)「新しいログオン名はこのサービスを停止して再起動するまでは無効です。」のメッセージは、[OK]をクリックします。

(カ)再度、「サービス」画面に戻りますので、「SQL Server (SORIMACHI2017)」を右クリックして、「再起動」をクリックします。

image004.jpg

(キ)サービスの再起動が終わるまでしばらくお待ちください。

SQLserverSORIMACHI2017)」が実行中となりましたら、画面を終了します。

 

<操作手順>

.給料王のバックアップを保存します。

(マイナンバー設定をされている場合は、マイナンバー情報の出力を行います)

 

.給料王に入っているデータベースファイルを一括で削除します。

 

.ChangeServer.exe」を使用してSQLserverの接続先を変更します。

 

.給料王を起動し、Aのバックアップを復元します。

(マイナンバー設定をされている場合は、マイナンバー情報の取り込みを行います)

 

 

.給料王のバックアップを保存します。

 

バックアップ方法につきましてはこちらをご覧下さい。

 

※マイナンバー設定をされている場合は、こちらをクリックしていただき、マイナンバー情報の出力を行います。

 

B.給料王に入っているデータベースファイルを一括で削除します。

 

※Aの手順でバックアップを保存後操作を行ってください。

 

一括データ削除の方法につきましてはこちらをご覧下さい。

 

. ChangeServer.exe」を使用してSQLserverの接続先を変更します。

 

1.「給料王21」のアイコンを右クリック→「ファイルの場所を開く」を選択します。

image005.jpg

2.「ChangeServer.exe」ファイルを開きます。

(※.exeは拡張子となります。パソコンの環境によっては表示されない場合がございます)

image006.jpg

3.「ユーザーアカウント制御」画面が表示されましたら、[はい]ボタンをクリックします。

image007.jpg

4.「給料王 接続先SQLserver設定ツール」画面が表示されます。

(ア)変更する製品・・・SQLserverを変更する製品名を選択します。

XXは、バージョンの数字が入ります。例:給料王21の場合は給料王21)

(イ)選択中の製品の接続先・・・現在給料王で接続中のserver名が表示されます。

(ウ)変更先SQL server・・・給料王に接続するserverをクリックして選択します。

image008.gif

5.「変更する製品」、「変更先SQL server」を選択後、[接続先変更]ボタンをクリックします。

(例:「SORIMACHI2012」→「SORIMACHI2017」へ接続先を変更する場合)

image009.jpg

6.「接続先SQL server変更します。実行しますか?」と表示されますので、

A,Bの手順が完了している場合は、[はい]ボタンをクリックします。

image010.jpg

7.「続けて接続先SQL serverを変更しますか?」と聞いてきますので[はい]ボタンをクリックします。

image011.jpg

8.「選択中の製品の接続先」が5番にて変更したSQLserver名になりますので、

[キャンセル]ボタンをクリックし、開いている画面も×で閉じてください。

image012.jpg

D.「給料王」を起動し、バックアップ/復元を行います。

 

1.「給料王」を起動します。

 

※以前の給料王のバージョンがインストールされている場合は、下記メッセージが表示されますので、

「データコンバートを行う」のチェックマークを外して[OK]ボタンをクリックし、データベースを新規に作成してください。

image013.jpg

3.「給料王シリーズのデータを既にお持ちですか?」と聞いてきますので[はい]ボタンをクリックします。

image014.jpg

4.「■データ復元機能で会社データを登録します。」を選択します。

image015.jpg

5.「データ復元」の画面が表示されます。

データ復元につきましてはこちらをご覧下さい。

 

※マイナンバー情報を取り込みされる場合は、こちらをご覧下さい。

 

6.「給料王」画面右下のSQLserver名をご確認いただき、変更されているかご確認ください。

image016.jpg

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています