ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.財産目録を作成するにあたり科目の詳細を印刷する場合

対象製品
会計王18NPO法人スタイル以降

 

財産目録とは期末時点でNPO法人が所有しているすべての資産及び負債を具体的にその種類、数量、価額を付して記載した書類です。

本システムでは「導入」→「勘定科目設定」より種類ごとに補助科目を作成することで、財産目録の作成が可能です。

 

<操作手順>

 

例:「当座預金」科目に「日の出銀行五反田支店」と明細を表記させる場合

 

1.「導入」→「勘定科目設定」を開きます。

 

2.補助科目を作成したい勘定科目(例では「当座預金」)をクリックし、画面上の[新規補助]ボタンをクリックします。

 

3.「当座預金」科目の下に1行挿入されますのでこちらにコードと補助科目名称と略式名称、イニシャルキーを入力します。

補助科目名称は全角15文字まで入力可能です。入力文字は赤色で表示されます。

同様に財産目録に表示させたい項目がある場合は、上記2.~3.の作業を繰り返し行い、補助科目を作成してください。

 

※※ご注意ください※※

既に仕訳が入力されている状態で「補助科目設定」をした場合は、正しい補助科目に設定し直して頂く必要があります。

 

例:「普通預金」に補助科目「日の出銀行五反田支店」と「ひまわり銀行表町支店」を作成した場合

 

(ア)「帳簿」→「簡易振替伝票入力」または「振替伝票入力」にて勘定科目「普通預金」を使用した仕訳を検索します。

 

(イ)勘定科目「普通預金」を使用した仕訳を1つずつ確認し、正しい補助科目を設定してください。

 

4.「決算」→「決算書」の「財産目録」より、科目の詳細(補助科目)が表示されていることをご確認ください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています