ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.死亡退職者の源泉徴収票の出力方法

対象製品
給料王22以降

 

年度途中で死亡退職した社員の源泉徴収票を作成する場合は、以下の方法で行います。

 

<操作手順>

 

A.退職処理を行います

 

中途退職者の就業区分が「退職」になっていない場合は、退職処理を行います。

1.「設定」→「社員情報設定(個別入力)」を開き、該当社員を選択します(黒枠で囲まれた状態)。

2.[退職/復職]ボタンをクリックします。

image001.gif

 

3.次の画面が表示されます。

「退職年月日」を入力し、区分で「退職(死亡)」を選択します。

その後に、[開始]ボタンをクリックします。

image002.jpg

 

4.「退職処理を行います。よろしいですか?」という確認メッセージが表示されますので[はい]をクリックします。

image003.jpg

 

「社員情報設定」画面で該当社員が青文字で「退職(死亡)」と表示されましたら、退職処理は完了です。

 

B.必要に応じて年末調整を行います

 

1.「年調」→「年調年度指定」で年度を確認します。現在年調年が該当年度になっていることを確認後、[キャンセル]ボタンをクリックします。

 

(ア)現在年調年が処理する年度と異なる場合は、該当年度をクリックし、[設定]ボタンをクリックします。

image004.jpg

 

(イ)「年調年度を以下の年度に設定します。」とメッセージが表示されますので、年調年度が該当年度になっている状態で、[はい]ボタンをクリックします。

image005.jpg

 

2.「年調」→「年調データ入力」画面を開きます。

image006.gif

 

3.「年調データ入力検索」画面が表示されます。

(ア)確定条件は「全て表示」を、社員条件は「退職社員のみ」を選択します。

(イ)【退職年月日】欄に表示された期間内に退職した方が「年調データ入力」画面に表示されます。

 

初期設定では年調年度の1月1日~12月31日になっています。

※前年に退職され、今年の給与が発生する場合には、退職年月日の範囲の変更が必要となります。

例:令和4年12月30日に退職した社員で、最終の支払給料が、令和5年1月給与(令和5年1月20日締日)である場合。
この方は令和5年1月給与の支給がある方なので、退職年月日の範囲が初期値のままでは、令和5年度の年調データ入力画面に名前が表示されません。この場合には、退職年月日の範囲を下図のように退職年月日が含まれる範囲(令和4年12月21日~)で指定します。

image007.jpg

 

(ウ)[開始]ボタンをクリックします。

 

4.表示された画面左側より、該当退職社員をクリックします。

(ア)年末調整を行う場合は、画面右側の【年税額計算をする】にチェックマークを付けます。

image008.jpg

 

(イ)年末調整を行わない場合は、【年税額計算をする】のチェックマークが外れていることを確認します。

image009.jpg

5.前述の4.の(ア)で、年末調整を行う場合は、年末調整に必要な情報を入力して、確定処理を行います。

以下の内容については、通常の年末調整と異なるところがありますので、ご確認ください。

 

(ア)死亡退職時の給与所得について

死亡後に支給期の到来する給与については、相続財産となり、所得税の課税対象となりませんので、「給与所得の源泉徴収票」の「支払金額」欄には、死亡前に支払が確定している給与の合計額を記載します。

なお、亡くなられた日と給与の締日・支給日により、年末調整に含める給与がいつまでになるのかが異なります。

ご不明な場合は、管轄の税務署や関与先税理士にご確認ください。

 

例 3月に社員が亡くなり4月給与まで支払いがあるが、年末調整には3月までの給与までで行う場合

 

a:4月給与の計算前に、「設定」→「社員情報設定(個別入力)」を開きます。

b:該当社員の行をダブルクリックします。

c:表示された「基本」タブ内にある【所得税なし】にチェックマークを付けます。

image010.jpg

 

※社会保険の資格喪失日により、最後に支払う給与からは社会保険料を控除しない場合は、「社保/労保」タブをクリックして社会保険の区分を【計算】から【なし】に変更します。

image011.jpg

d:その他変更内容がないかご確認の上、設定変更が終わりましたら画面右下の[設定]ボタンをクリックします。

image012.jpg

e:「給与」→「給与データ入力(台帳形式)」を開いて、該当社員の氏名をクリックします。

image013.gif

 

f:「年調」→「年調データ入力」を開いて、該当社員の氏名をクリックします。

g:「調整欄」の「課税支給」欄に、4月給与の『課税支給額』をマイナスで入力します。

image014.jpg

h:4月に支給した金額を除いて、年調計算できるようになります。

 

(イ)年調方法について

通常の年末調整の際に、年調方法を「給与年調」、「賞与年調」で行われている場合に、既に最終給与や最終賞与の計算がおわっている場合は、年調方法を「単独年調」に変更して行います。

年調方法の変更方法は、以下の操作を行います。

例 「給与年調」を「単独年調」に変更します。

 

a:「設定」→「給与規定」を開きます。

b:表示された「基本」タブ右側中ほどの「年調方法」の▼をクリックして、「単独年調」を選択します。

image015.jpg

 

c:「単独年調」に変更しましたら、画面下部の[設定]ボタンをクリックして終了します。

d:「年調」→「年調データ入力」を開いて、該当退職社員の年末調整を行います。

e:画面左上の[確定]ボタンをクリックします。

image016.jpg

 

f:「年調結果確定方法指定」画面が表示されます。

こちらで反映先等を選択して、[開始]ボタンをクリックします。

※1 最終給与や賞与を既にお支払い済みの場合は、反映先で「単独」を選択します。

※2 支払方法指定は、給与/賞与の振込口座か現金のいずれかを選択します。

※3 支払日は、年末調整を行う日付を指定します(初期値では、操作をしているシステム日付が表示されます)。

image017.jpg

 

g:次の確認メッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。

image018.jpg

h:確定済の表示に変わります。

 

6.「年調データ入力」画面を終了します。

7.過不足額については、支払方法が振込の場合は「年調」→「還付金銀行振込」、現金の場合は「年調」→「還付金金種表」からご確認いただけます。

 

C.源泉徴収票を印刷します

 

1.「年調」→「源泉徴収票」を開きます。

※以下のメッセージが表示された場合は[OK]をクリックします。

image019.jpg

 

2.画面上部の[検索]ボタンをクリックします。

3.社員条件を「退職社員のみ」にし、退職年月日を指定して[開始]ボタンをクリックします。

image020.jpg

 

4.退職社員のみ画面に表示されましたら、[印刷]ボタンをクリックします。

5.「印刷帳票選択」画面が開きます。

【源泉徴収票を印刷】内の「給料王専用用紙」または「白紙用紙」のうち、お使いの帳票をクリックします。

image021.jpg

 

※こちらの画面が表示されましたら、[スキップ]ボタンをクリックします。

(マイナンバーを印字して源泉徴収票(税務署提出用)を出力したい場合は、「設定」→「マイナンバー設定」画面を開く際に入力するパスワードを入れて、[OK]ボタンをクリックします。)

image022.gif

 

6.さらに社員を絞り込んで印刷したい場合は[詳細設定]ボタンをクリックします。

7.印刷範囲より該当の社員を指定し、[設定]ボタンをクリックします。

image023.jpg

image024.jpg

8.[プレビュー]ボタンをクリックし、印刷イメージをご確認の上、印刷を行ってください。

image025.jpg

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています