ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.データ同期の際に「前回のデータ同期が正常に終了していません。エラー番号(2)」のメッセージが表示される場合の対処方法

対象製品
MA1

 

 

データ同期を実行しようとした際に「前回のデータ同期が正常に終了していません。」のメッセージが表示される場合があります。

image001.jpg

 

 

同期情報は商工会クラウドとMA1の両方で保持しています。

表示されたメッセージは前回、「ファイル」→「データ同期」を利用した際に正常に終了できなかったことが原因で、商工会クラウドにのみ同期情報が残ってしまっていることを示しています。

以降の手順をお試しいただき、商工会クラウドより同期情報を削除し、改善されるかご確認ください。

 

 

※複数のPC・製品を用いて作業を行っている場合

複数のPC・製品を用いて作業を行っている場合には、以降の<操作手順>を行う前に「ファイル」→「データ同期」で、データを取得したときと異なるPC・製品を使用していないかをご確認ください。

データを取得したときと異なるPC・製品を使用していた場合は、データを取得したときと同じPC・製品の「ファイル」→「データ同期」から、使用したい事業所データを一旦格納した上で、改善されるかご確認ください。

 

 

※ご注意ください

 

以降の<操作手順>により同期情報を削除した後でMA1の「ファイル」→「データ同期」より対象事業所データを再取得した際は、最後に「データ格納」が行われた際のデータとなります。

同期情報を削除する前までに入力していたデータが反映されていない場合がありますので、データの再取得後は仕訳等の見直しを行い、不足している情報については、再入力のうえご利用ください。

 

 

<操作手順>

 

A.事業者様のパソコンでエラーが発生している場合

 

本エラーメッセージの解消は、商工会様側でしか行えません。

大変恐れ入りますが所属する商工会様に本エラーメッセージをお伝えください。

 

 

B.商工会職員様のパソコンでエラーが発生している場合

 

「商工会クラウド」の「運用管理」機能を使ってデータの同期を解除します。

 

※以降の操作は「商工会クラウド」のシステム管理者の方のみ実行することができます。

システム管理者以外の職員の方は恐れ入りますがシステム管理者の方に本エラーメッセージをお伝えください。

 

1.「商工会クラウド」を起動し、画面上の「処理対象」の[変更]ボタンをクリックします。

 

 

2.処理対象を「商工会」に変更します(図:ア)。

画面下部の商工会一覧から所属する商工会を選択し(図:イ)、[設定]ボタンをクリックします(図:ウ)。

image002.gif

 

 

3.メニューにて[運用管理]ボタンをクリックします。

image003.jpg

 

 

4.同期を解除する事業所の[解除]ボタンをクリックします。

image004.jpg

 

 

5.手順4にて同期を解除した事業所が一覧から削除されます。

作業を行いたいデータをMA1の「ファイル」→「データ同期」より再取得し利用することが可能となります。(「データ同期」の画面が開いたままになっている場合はいったん閉じ、「ファイル」→「データ同期」を開いた後に、再取得を行ってください。)

 

image005.jpg

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています