ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.データ同期の際に「前回のデータ同期が正常に終了していません。エラー番号(1)」のメッセージが表示される場合の対処方法

対象製品
MA1

 

 

 

データ同期を実行しようとした際に「前回のデータ同期が正常に終了していません。」のメッセージが表示される場合があります。

image001.gif 

 

 

同期情報は会計事務所クラウドとMA1の両方で保持しています。

表示されたメッセージは前回、「ファイル」→「データ同期」を利用した際に正常に終了できなかったことが原因で、MA1にのみ同期情報が残ってしまっていることを示しています。

以下の<操作手順>をお試しいただき、MA1より同期情報を削除し、改善されるかご確認ください。

 

※ご注意ください

 

以降の<操作手順>により同期情報を削除した後で「ファイル」→「データ同期」より対象事業所データを再取得した際は、最後に「データ格納」が行われた際のデータとなります。

 

同期情報を削除する前までに入力していたデータが反映されていない場合がありますので、データの再取得後は仕訳等の見直しを行い、不足している情報については、再入力のうえご利用ください。

 

 

<操作手順>

 

例:「ソリマチ電機株式会社」のデータの同期状態を正常にする場合

 

1.エラーメッセージは[OK]ボタンをクリックします。

 

 

2.エラーの対象となったデータの「決算日」を確認し(図:ア)、画面下の[閉じる]ボタンをクリックします(図:イ)。

image002.gif

※上記の画面が表示されない場合は画面内の「[データ同期]画面を表示する(D)」をクリックしていただくことで「データ同期」画面が表示されます。

 

 

3.「ファイル」→「データ選択」を開きます。

image003.jpg

 

 

4.一覧より手順2で確認した事業所の会計年度データを選択し(図:ア)、画面下の[選択]ボタンをクリックします。(図:イ)

image004.gif

 

5.「ファイル」→「データメンテナンス」を開きます。

image005.jpg

 

 

6.手順2で選択した会計年度のデータを選択し(図:ア)、画面下の[最適化]ボタンをクリックします。(図:イ)

image006.gif

 

 

7.最適化を実行すると下の確認メッセージが表示されますので[はい]ボタンをクリックします。

image007.gif

 

 

8.最適化処理が完了すると、データ同期中を示す青い矢印のアイコンが黄色いフォルダーのアイコンへ変わります。最適化処理を行ったデータは削除されずにMA1にデータが残った状態となりますので必要に応じて「ファイル」→「データ削除」より最適化処理を行ったデータの削除を行ってください。

image008.gif

 

 

9.「ファイル」→「データ同期」にて、データが正常に取得できることをご確認ください。

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています