ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.手動で消込を行う方法

対象製品
販売王18以降
販売王18販売・仕入・在庫以降

 

「得意先元帳」画面では、売上伝票と入金伝票を比較し、手動で消込を行うことができます。

消込を行うことで、未入金の売上伝票がわかりやすくなります。

手動で消込を行う操作方法につきまして、以下の内容をご確認ください。

 

※消込の操作は、「自社情報設定」の「販売管理」-「入金消込選択」で「①入金消込を行う」を選択した場合のみ、操作可能です。

 

 

<操作方法>

1.ダイレクトメニューの「売掛管理」-「得意先元帳」を開きます。

 

2.「得意先コード(T)」に任意の得意先、「伝票日付(D)(E)」に任意の伝票日付を指定し、画面左上の[集計(F3)]ボタンをクリックします。

image001.jpg

 

3.入金伝票の「入金金額」の右側にある「消込」欄をクリックします。

※「消込」欄をクリックすると✓が付き、フッダー部の「入金消込計」には、消込額が加算されます。

image002.gif

 

4.手順3で消し込んだ入金伝票に対応する売上伝票の「売上金額」の右側にある「消込」欄をクリックします。

※入金伝票1件に対する売上伝票が複数枚ある場合は、対応する全ての売上伝票について、消込の操作を行います。

image003.gif

 

 

5.フッダー部の「売上消込計」と「入金消込計」の金額が等しくなり、「差異」が0になりますと、売上伝票と入金伝票の金額が一致したことになります。

image004.gif

 

6.入金伝票と売上伝票の消込が完了しましたら、「得意先元帳」画面左上の[集計(F3)]ボタンをクリックすると、消込の状態が✓から〇に変わり、消込が完了します。

image005.gif

mceclip0.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています