ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.取得データを破棄するには

対象製品
MA1

 

取得したデータを商工会クラウドに格納せずにパソコンから破棄する操作を、「破棄」と言います。

破棄をするとMA1側からデータが削除されますが、商工会クラウドにあるデータには影響を与えません(再びデータを取得すると最後に格納したときの状態のデータを取得できます)。

以下のような場合に破棄を行います。

 

・「照会モード」でデータの参照が終わった場合

・修正したデータを商工会クラウドに格納したくない場合(間違った仕訳を入力してしまった等)

 

 

<操作手順>

 

■データ格納の手順(事業者様向け)

 

1.「ファイル」→「データ同期」を選択し、商工会クラウドにログインします。

 

2.「データ格納確認」画面が表示されます。

 

 「照会モード」で取得していた場合は、[データを格納する]ボタンをクリックします。

 手順4.へ

 

 「更新モード」「追加モード」でデータを取得していた場合は、青色の「[デ―タ同期]を表示する」の文字をクリックします。

 →手順3.へ

 

3.手順2.で青色の「[デ―タ同期]を表示する」の文字をクリックした場合は、「データ同期」の画面が表示されます。

[取得データ破棄]ボタンをクリックします。

image001.jpg 

 

 

4.データ破棄が完了すると、完了メッセージが表示されます。

OK]ボタンをクリックします。

MA1からデータが削除されます。

 

 

 

■データ格納の手順(商工会様向け)

 

1.「ファイル」→「データ同期」を選択し、商工会クラウドにログインします。

 

2.「データ同期」画面が表示されます。

データを破棄する事業所を選択し、[取得データ破棄]ボタンをクリックします。

image002.jpg

 

 

3.確認メッセージが表示されます。

[はい]をクリックします。

image003.jpg

 

 

4.データ破棄が完了すると、完了メッセージが表示されます。

OK]ボタンをクリックします。

MA1からデータが削除されます。

image004.jpg

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています