ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.配偶者控除・配偶者特別控除の入力方法

 

 

配偶者の入力は申告書の【配偶者控除】(申告書A:17~18欄、申告書B:21~22欄)に記入します。

 

 

<操作手順>

 

 

1.「申告書」-「確定申告書A(第一表、第二表)」または「申告書B(第一表、第二表)」を開きます。

 

 

2.[所得から差し引かれる金額]の[配偶者(特別)控除]の金額欄(申告書A:17~18欄、申告書B:21~22欄)をダブルクリックします。

image001.jpg

 

 

3.[配偶者や親族に関する事項]画面が表示されます。

最上段の行が「配偶者」の入力欄になりますので、配偶者の氏名から個人番号までを入力します。

image002.jpg

image003.jpg

image004.gif

 

 

※配偶者の所得金額の計算は下記の計算表を参考にして計算します。

配偶者の所得金額の計算について詳しくは、提出先の税務署または関与税理士様にご相談ください。

 

image005.gif

 

 

4.第二表に印刷するため、配偶者の情報を設定します。

 

<確定申告書 第二表>

 

image006.jpg

 

 

a:配偶者が国外居住親族の場合

「国外」「別居」にチェックを付けてください。


image007.jpg

 

 

なお、年末調整において配偶者が「国外居住親族」として控除の適用を受けている場合は、「年調」にもチェックを付けてください。

image008.jpg

 

 

b:申告者本人の合計所得金額が1,000万円を超える場合で、同一生計配偶者がいる場合

申告者本人の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者(特別)控除は受けられませんので、控除額は自動計算されません。

image009.gif

「同一生計」にチェックのみを付けてください。

image010.jpg 

 

 

c:配偶者と別居している場合

「別居」にチェックを付けてください。

image011.jpg 

 

また「配偶者控除」の入力後、「確定申告書A」や「確定申告書B」の画面右下にある[住民税・事業税に関する事項]をクリックし、「配偶者、親族、事業専従者のうち別居の者の氏名・住所」に配偶者の氏名と住所を記載してください。

 

image012.gif

 

 

d:「所得金額調整控除」について

申告者本人の給与等の収入金額が850万円を越え、同一生計配偶者が特別障害者で、かつ、同一生計配偶者が他の納税者の扶養親族として申告済みの場合、「調整」にチェックを付けることで「所得金額調整控除」のみを適用することができます。

image013.jpg

 

※「調整」を選択した場合は、「配偶者(特別)控除」および「(配偶者の)障害者控除」は受けられませんので、控除額は自動計算されません。

image014.jpg

 

またこの場合、配偶者の個人番号(マイナンバー)の記載は不要です。

image015.jpg

 

 

5.配偶者が障害者である場合は、該当する障害者区分を選択します。

 

image016.jpg

 

 

6.申告者の所得金額と3.~5.で入力した配偶者の情報をもとに、配偶者控除または配偶者特別控除額が自動計算されます。

 

image017.jpg

 

※配偶者控除・配偶者特別控除の計算について

「申告者本人の合計所得」と「配偶者の合計所得」の金額に応じて自動計算されます。

 

image018.jpg

 

上記のように設定しますと、申告書には下のように表示されます。

 

image019.jpg

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています