ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.パソコンの入れ替えに伴いデータを移行する方法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

パソコンの入れ替えのため、データを移行する場合は、以下の手順にて行います。

A.今まで使用していたパソコンの製品を起動し、データのバックアップを外部メディア(USBメモリ・CD-R/RW等)に保存します

B.新しいパソコンに製品をインストールします

C.新しいパソコンにインストールした製品を起動し、Aで保存したデータを復元します

 

詳細については以下をご参照ください。

 

<操作手順>

 

A.今まで使用していたパソコンの製品を起動し、データのバックアップを外部メディア(USBメモリ・CD-R/RW等)に保存します

 

1.パソコンの「コンピューター」画面などから、バックアップに使用するメディア(USBメモリ、CD-R/RW等)が、何ドライブになるかご確認ください。(D:)(F:)等。

 

 

2.本製品を起動し、ダイレクトメニューの「ファイル」-「データバックアップ/復元」を開き、「データバックアップ」タブが選択された状態で以下の作業を行います。

(ア)「データ名(D)」の右にある[]ボタンをクリックして、バックアップを行うデータを選択します。

(イ)バックアップ先を変更する場合は、バックアップ先の[参照(S)]ボタンをクリックします。

mceclip0.png

 

(ウ)手順1で確認したドライブを指定し、[OK]ボタンをクリックします。

[新しいフォルダーの作成(N)]をクリックすると、保存先にフォルダーを作成することもできます。

image002.jpg

 

 

3.「データバックアップ/復元」画面に戻りますので、「データ名」、「バックアップ先」に間違いが無い事を確認して[開始(F12)]ボタンをクリックします。

※バックアップ処理中はパソコンを操作しないでください。

※バックアップはフロッピーディスクには保存できません。

※バックアップファイル名は、「データ名(バックアップ年月日).sprXX(販売王はsalXX)」(XXはお使いの製品のバージョンです)と保存されます。

image003.jpg

 

 

4.「パスワード設定」画面が表示されますので、必要な場合はパスワードを入力します。

パスワードを設定しましたら[OK(F12)]ボタンをクリックします。

※パスワードを設定しない場合は、そのまま[OK(F12)]ボタンをクリックしてください。

image004.jpg

 

 

5.万が一、データが漏洩した場合でも第三者がデータ内容を読み取れないようにデータの暗号化を行います。

特に操作する必要はありませんので、そのまましばらくお待ちください。

image005.jpg

 

 

6.バックアップが行なわれ、以下のメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックしてメッセージを閉じてください。

image006.jpg

 

※データが複数ある場合は、手順A-2でバックアップを行なうデータを切り替えながら、すべてのデータでバックアップをお取りください。

 

 

 

B.新しいパソコンに製品をインストールします

 

新しいパソコンに製品のインストールCDをセットします。

自動再生されますので、表示された画面の指示に従い、インストールを実行してください。

自動再生されない場合やインストールの詳細についてはマニュアルをご参照ください。

 

 

 

C.新しいパソコンにインストールした製品を起動し、Aで保存したデータを復元します

 

※バックアップ元のデータベースエンジンが復元先のデータベースエンジンよりも新しいバージョンの場合、復元できません。

例えば、SQL Server 2012 Express Editionで作成したバックアップデータは、SQL Server 2008 R2 Express Editionを使用している本製品に復元できません。

 

1.パソコンの「コンピューター」画面などから、バックアップファイルが保存されているメディア(USBメモリ、CD-R/RW等)が、何ドライブになるかご確認ください。(例:(D:)(F:)等)

 

 

2.本製品を起動し、ダイレクトメニューの「ファイル」-「データバックアップ/復元」画面を開き、「データ復元」タブを選択し、以下の作業を行ってください。

※今回はEドライブにデータがあるとして説明致します。

(ア)「パソコン内のファイル(L)」を選択して、バックアップの右にある[参照(S)]ボタンをクリックします。

mceclip1.png

 

(イ)「ファイルの場所(I)」を『PC』に変更し、Eドライブをダブルクリックします。

image008.gif

 

(ウ)表示されたバックアップファイルをクリックして、[開く(O)]ボタンをクリックします。

image009.gif

 

 

3.「データバックアップ/復元」画面に戻りますので、以下の設定を行います。

(ア)「会社名」や伝票件数が表示されますので、内容に間違いが無いか確認します。

(イ)「データ名(D)」は『<新規>』を指定します。

(ウ)[開始(F12)]ボタンをクリックします。

mceclip2.png

 

※データバックアップ時にパスワードを設定している場合は、「パスワード入力」画面が表示されます。

設定したパスワードを入力して、[OK(F12)]ボタンをクリックしてください。

image011.jpg

 

 

4.データ復元が完了しますと下記のメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックして終了となります。

データを確認する場合は、「ファイル」-「データ管理」からデータを選択してください。

mceclip1.png

 

※移行したいデータが複数ある場合は、手順C-2~4を繰り返し、すべてのバックアップデータを復元してください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています