ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.インストール時に「エラー:1608」が表示される場合の対処方法

対象製品
農業簿記10 以降
農業簿記10JAバージョン 以降

 

 

弊社製品のインストールを実行しようとすると「1608InstallDriverのインスタンスを作成できません。」のメッセージが表示される場合は、以下の手順をお試しください。

image001.jpg

 

 

<事前準備>お使いのパソコンのビット数を確認します

A.IDriverを実行しながらインストールします

B.コマンドプロンプトでIDriverを登録解除・再登録します

.コマンドプロンプトでMSIEXECを登録解除・再登録します

 

※Windows 8での操作は、会計王18/給料王18/販売王18/農業簿記10でのみお試しいただけます。
 会計王19/給料王19/販売王19/農業簿記11  以降は、Windows 8は動作保証外となります(Windows 8.1は動作保証対象)。

 

※本Q&Aでは、すべて64ビット版の画像を使用しております。

 

 

<事前準備>

お使いのパソコンが64ビット版か32ビット版かを確認します。

確認方法は こちら をクリックしてください。

 

 

<操作手順>

 

A.IDriverを実行しながらインストールします

 

1.パソコンを再起動します。

 

2.キーボードの「Windows」キーを押しながら、「E」キーを押し、「エクスプローラー」を表示します。

 

3.エクスプローラー画面が表示されますので、以下のフォルダーを開きます。

 

システムの種類:64ビット版の場合

「Cドライブ」→「Program Files (x86)」→「Common Files」→「InstallShield」→「Driver」→「7」→「Intel32

 

システムの種類:32ビット版の場合

「Cドライブ」→「Program Files」→「Common Files」→「InstallShield」→「Driver」→「7」→「Intel32

image002.jpg

 

4.画面右側に表示されている「IDriver.exe」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

※設定によっては「IDriver」(.exeが非表示)の場合があります。

image003.gif

 

5.「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は「はい」をクリックします。

image004.gif

 

6.再度、弊社製品のインストールをお試しください。

本操作で解決しなかった場合は引き続きB.の操作へお進みください。

 

 

B.コマンドプロンプトでIDriverを登録解除・再登録します

 

1.「コマンドプロンプト」の画面を開きます。

※ご利用のOSにより操作方法が異なります。

 

<Windows11の場合>

a:Windowsのスタートボタンをクリックし、「すべてのアプリ」をクリックします。

image005.gif

 

b:「Windows ツール」をクリックします。

image006.gif

 

c:表示された画面から「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

image007.gif

 

d:「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は「はい」をクリックしてください。

 

 

 

<Windows10の場合>

 

a:Windowsのスタートボタンをクリックし(下図:ア)、「Windowsシステムツール」をクリックします(下図:イ)

image008.gif

 

b:「コマンドプロンプト」を右クリックし(下図:ア)、「その他」をクリックします(下図:イ)

image009.gif

 

c:「管理者として実行」をクリックします。

image010.jpg

 

d:「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は「はい」をクリックしてください。

 

 

 

<Windows8.1/8の場合>

 

a:Windowsの[スタート]ボタンを右クリックし、「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックします。

(Windows8は、会計王18/給料王18/販売王18/農業簿記10 のみ対応)

image011.jpg

 

b:「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は「はい」をクリックしてください。

 

 

 

2.「コマンドプロンプト」画面が表示されます。

表示された画面のカーソル点滅部分に、パソコンのビット数に応じた文字列をコピーして貼り付けます。

 

a:お使いのビット数のボタン([64ビット]または[32ビット])をクリックします。

 

 

 

b:「コピーしました」と表示されたら「OK」をクリックします。

image014.gif

 

c:「コマンドプロンプト」のカーソル点滅部分で右クリックすると、コピー内容が貼り付けられます。

image015.gif

※「右クリック」をしたときにメニューが表示される場合は「貼り付け」をクリックしてください。

※「右クリック」をしても貼り付けができない場合は、キーボードの「Ctrl」と「V」を同時に押すと貼り付けができます。

 

3.貼り付け後、Enterキーを押します。

 

4.次に、下の「レジストリ解除」ボタンをクリックします。

「コピーしました」は「OK」ボタンで閉じます。

 

5.先ほどの「コマンドプロンプト」画面を右クリックして貼り付けて、Enterキーを押してください。

※「右クリック」をしたときにメニューが表示される場合は「貼り付け」をクリックしてください。

※「右クリック」をしても貼り付けができない場合は、キーボードの「Ctrl」と「V」を同時に押すと貼り付けができます。

image014.gif

 

6.同様に、下の「レジストリ登録」ボタンをクリックします。

「コピーしました」は「OK」ボタンで閉じます。

 

7.先ほどの「コマンドプロンプト」画面を右クリックして貼り付けて、Enterキーを押してください。

※「右クリック」をしたときにメニューが表示される場合は「貼り付け」をクリックしてください。

※「右クリック」をしても貼り付けができない場合は、キーボードの「Ctrl」と「V」を同時に押すと貼り付けができます。

image017.gif

 

8.「コマンドプロンプト」画面は閉じずに、再度、弊社製品のインストールをお試しください。

インストールが正常に終了した場合は、「コマンドプロンプト」画面を閉じてください。

本操作で解決しなかった場合は、「コマンドプロンプト」画面を開いたままで、引き続きC.の操作へお進みください。

 

 

.コマンドプロンプトでMSIEXECを登録解除・再登録します

 

1.「コマンドプロンプト」画面のカーソル点滅部分に、パソコンのビット数に応じた文字列をコピーして貼り付けます。

 

a:お使いのビット数のボタン([64ビット]または[32ビット])をクリックします。

 

 

b:「コピーしました」と表示されたら「OK」をクリックします。

 

c:「コマンドプロンプト」のカーソル点滅部分で右クリックすると、コピー内容が貼り付けられます。

image018.gif

※「右クリック」をしたときにメニューが表示される場合は「貼り付け」をクリックしてください。

※「右クリック」をしても貼り付けができない場合は、キーボードの「Ctrl」と「V」を同時に押すと貼り付けができます。

 

2.貼り付け後、Enterキーを押します。

 

3.次に、下の「レジストリ解除」ボタンをクリックします。

「コピーしました」は「OK」ボタンで閉じます。

 

4.先ほどの「コマンドプロンプト」画面を右クリックして貼り付けて、Enterキーを押してください。

※「右クリック」をしたときにメニューが表示される場合は「貼り付け」をクリックしてください。

※「右クリック」をしても貼り付けができない場合は、キーボードの「Ctrl」と「V」を同時に押すと貼り付けができます。

image019.gif

 

5.同様に、下の「レジストリ登録」ボタンをクリックします。

「コピーしました」は「OK」ボタンで閉じます。

 

6.先ほどの「コマンドプロンプト」画面を右クリックして貼り付けて、Enterキーを押してください。

※「右クリック」をしたときにメニューが表示される場合は「貼り付け」をクリックしてください。

※「右クリック」をしても貼り付けができない場合は、キーボードの「Ctrl」と「V」を同時に押すと貼り付けができます。

image020.gif

 

7.「コマンドプロンプト」画面は閉じずに、再度、弊社製品のインストールをお試しください。

インストールが正常に終了した場合は、「コマンドプロンプト」画面を閉じてください。

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
5人中1人がこの記事が役に立ったと言っています