ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.メールにバックアップファイルを添付し、送信する方法

対象製品
農業簿記10 以降

 

 

バックアップファイルを会計事務所や税理士へメールに添付して送信する方法をご案内いたします。

 

<操作手順>

 

A.USBメモリやハードディスク内にバックアップデータを保存します

 

1.保存の前に「データ選択」画面にて、フォルダー名と、保存したいデータにチェックが付いているかどうかを確認します。

(1)画面右上の[データ選択]ボタンをクリックします。
(「データ管理」→「データ選択」→「データ選択」からも開くことができます。)

 

(2)画面左上の〔フォルダー表示〕にチェックを付けます。

image001.jpg

 

(3)バックアップを取りたいデータのフォルダー名をメモに控えます。

image002.jpg

 

(4)バックアップを取りたいデータの〔選〕欄にチェックが入っていることを確認し、画面右上の[終了]ボタンをクリックします。

バックアップを取りたいデータの〔選〕欄にチェックが入っていない場合は、ダブルクリックでデータを切り替えてください。

image003.jpg

 

2.ダイレクトメニューの「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」画面を開きます。

 

3.保存形式は、〔データ保存〕にチェックを付け、〔転送元データフォルダー〕に1.(3)でメモに控えたフォルダー名が表示されていることをご確認ください。

image004.jpg

 

4.出力先条件は、「任意のファイル名を入力してデータ保存(バックアップ)する」にチェックを付けます。

image005.gif

 

5.転送先データファイルの[参照(S)]ボタンをクリックします。

PC」または「コンピューター」より、保存先(例では「USB ドライブ」)を選択し、[開く]ボタンをクリックします。デスクトップ等でも結構です。

image006.jpg

 

※〔ファイル名〕は、初期値として「事業所名XX年度(本日の日付).11nbk」と表示されますが、直接ファイル名を変更することもできます。

 

6.転送先データに5.で選択したドライブ(上記の例では「E:\」)が設定されていることを確認します。

画面右上の[実行]ボタンをクリックしてください。

image007.jpg

 

7.保存が完了すると下のメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

image008.jpg

 

 

 

B.メールソフトからメールを添付し、送信します

 

1.お客様のパソコンのメールソフト(下記例では、Windows Live Mail)を起動します。

※お客様がお使いのメールソフトにより、操作は異なります。ご了承ください。

image009.jpg

 

2.メール入力画面を開きます。

例では、メニューバーより「ファイル」→「新規作成」→「電子メールメッセージ」の順でクリックします。

image010.jpg


3.「メッセージの作成」画面が表示されます。「宛先」に送信先のメールアドレス、「件名」と「本文」を入力します。

 

4.バックアップファイルを添付します。

例では[メッセージの作成]画面の上部「挿入」→「ファイルの添付」をクリックします。

image011.jpg

5.「添付ファイルの挿入」画面が表示されます。

先ほどバックアップファイルを保存した保存場所を選択します。

例ではバックアップファイルを保存した「USBメモリ(E)」を選択します(下図:A)。

白枠内にバックアップファイルが表示されますのでクリックし(下図:B)、最後に[開く]ボタンをクリックします(下図:C)。

image012.gif

 

6.メッセージ画面の[添付]欄に「バックアップファイル」が表示されます。

「送信」ボタンをクリックしていただければ、操作は終了です。

image013.jpg

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています