ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.退職日以降に給与の支給がある場合の対処方法

対象製品
給料王20以降

 

 退職日以降に給与を支給した場合(残業代は翌月支給の場合など)は、退職処理することで、締日以降の給与データが削除されます。

対象社員については、こちらをご確認ください。

 

退職日以降に給与が発生した場合は、退職処理を実行して、退職日以降の給与を一度削除して、翌月以降に入力していただく方法がございます。以下の内容をご確認ください。

 

<操作手順>

(例)締日:毎月20日、支給日:毎月25日、残業代は翌月支給、

  3月20日に退職された社員の残業代は4月25日に支給する場合

 

1.先に該当社員の4月給与の「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」画面にて残業手当を入力して、給与明細書を印刷します。

2.「設定」→「社員情報設定(個別入力/一覧入力)」を開き、該当社員を選択します。(黒枠で囲まれた状態)

3.画面上の[退職/復職]ボタンをクリックします。

image001.jpg

 

4.次の画面が表示されます。「退職年月日」と、必要に応じて「退職理由」を入力し[開始]ボタンをクリックします。

※「退職理由は」「▼」より選択することもできます。

image002.jpg

 

5.「退職処理を行います。よろしいですか?」という確認メッセージが表示されますので[はい]ボタンをクリックします。

※この時、以下のメッセージが表示されます。[はい]ボタンをクリックしますと、該当社員の4月給与が一度削除されます。

image003.jpg

 

6.「社員情報設定」画面で該当社員の行が青文字で表示されましたら退職処理の完了です。

image004.jpg

 

7.他の社員の4月給与の計算を終わらせます。

8.給料王画面上の[次月]ボタンをクリックして、給与処理月を5月給与に更新します。

image005.jpg 

 

9.「ツール」→「給与台帳入力(過去分)」をクリックし、条件を指定して[設定]ボタンをクリックします。

image006.jpg 

 

10.画面左側より該当社員名をクリックします。

11.4月の行をクリックし[作成]ボタンをクリックします。

image007.gif

 

12.「給与台帳入力(過去分)作成」画面が表示されます。3月のデータを4月に複写するのでそのまま[開始]ボタンをクリックすると、4月の欄に3月データが複写された状態になります。

image008.jpg 

 

13.給料王画面上の[前月]ボタンをクリックして、「給与処理月」を4月給与に戻します。

image009.jpg

 

14.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開くと該当社員の名前が表示されます。

該当社員を選択し、画面右上の【ロック】のレ点を外します。

image010.jpg

 

以下のメッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

image011.jpg

 

15.削除された4月給与(残業代)を入力します。

 

この操作を行うことで、退職者に渡す源泉徴収票に正しい退職年月日および、4月に支給した残業代を含めた金額で出力することが可能になります。

退職者へ渡す源泉徴収票の出し方についてはこちらをご確認ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています