ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.会計王仕訳データ作成時に会計王側のデータ切り換えがうまくいかない場合の対処方法(間接転送の場合)

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

 

image001.gif

 

会計王仕訳データ作成時に「会計王側のデータを切り換えたのに、今までのデータが選択されたままになってしまう。」など、データの切り換えがうまくいかない場合は、再度マスター交換データの作成をお試しください。

 

 

A.会計王での操作

B.販売王での操作

 

 

 

A.会計王での操作

 

1.会計王を起動し、ダイレクトメニューの「ファイル」-「データ選択」を開きます。

 

 

2.仕訳の転送先とするデータが選択されているか確認します。

※選択中のデータは、事業所名左のアイコンが赤く縁取りされた状態です。

image002.jpg 

 

 

■転送先とする会計期間のデータが選択されている場合

→「データ選択」画面を閉じ、手順3へお進みください。

 

■転送先とする会計期間のデータが選択されていない場合

→転送先にしたいデータをダブルクリックし、画面の指示に従いデータを切り換えてから、手順3へお進みください。

 

 

3.画面上部のメニューバーから「ツール(L)」をクリックし、表示されたリストから「マスター交換データ作成(M)」をクリックします。

image003.jpg

 

 

4.「マスター交換データ作成」画面が表示されますので、以下の設定を行います。

 

(ア)「出力条件」はすべてチェックを入れます。

 

(イ)マスター交換データを出力する先を変更する場合は、[参照(F5)]をクリックして変更します。

出力先が決まりましたら、表示された文字列をすべて選択して右クリックし、「コピー」をクリックします。
※念のため、メモにも控えてください。

image004.jpg

 

(ウ)[実行(F12)]をクリックします。

mceclip0.png

 

※上書き確認のメッセージが表示された場合は、[OK]をクリックします。

image006.jpg

 

 

5.出力完了のメッセージは、[OK]をクリックし、「マスター交換データ作成」画面を閉じます。

image007.jpg

 

引き続き手順Bへお進みください。

 

 

 

B.販売王での操作

 

1.販売王を起動し、ダイレクトメニューの「ツール」-「会計王仕訳データ作成」を開きます。

image008.jpg

 

 

2.「出力形式」で対象となる会計製品を選択し、「□仕訳を直接転送する」のチェックは外します。

image009.jpg

 

 

3.「会計王データフォルダー(J)」欄を右クリックし、「貼り付け」をクリックして「Enter」キーを押します。

※手順A-4-(イ)でコピーした内容が貼り付けされない場合は、メモに控えた内容を参考に[参照(K)]からフォルダーを選択するか、直接手入力して「Enter」キーを押します。

image010.jpg

 

 

4.正しくマスター交換データが存在するフォルダーが指定された場合、以下のメッセージが表示されますので、[OK]をクリックします。

※「会社名」や「会計期間」に誤りがある場合は、再度手順Aのマスター交換データ出力をやり直すか、上記手順3で正しいマスター交換データ出力先フォルダーが選択されているかご確認ください。

image011.jpg

 

会計王側のデータの切り換えが正しく行われましたら、仕訳データの作成をお試しください。

 

 

■こんなときは

以前の転送条件を保存されていた場合は、以下の手順で設定を呼び出すことが可能です。

(ア)データの切り換え後、画面左下の[読み込み(F2)]をクリックします。

image012.jpg

 

(イ)「会計王仕訳データ作成 設定の読み込み」画面が表示されますので、「読み込み元データ名(N)」を選択し、使用する「設定名」をクリックして選択して、[実行(F12)]をクリックします。

image013.jpg

 

(ウ)以下のメッセージが表示されますので、[はい(Y)]をクリックします。

image014.jpg 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています