ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.前年度のバックアップファイルから申告者情報を移行する方法

 

 

みんなの確定申告<平成30年分申告用>のバックアップファイルから、みんなの確定申告<令和元年分申告用>へ申告者情報を移行することができます。

これにより、申告者設定の手間を軽減することができます。

 

 

A.事前準備

 

 

みんなの確定申告<平成30年分申告用>を起動し、「ファイル」→「データバックアップ」よりバックアップファイルを保存してください。

 

 

※みんなの確定申告<令和元年分申告用>へ申告者情報を移行することができるのは、みんなの確定申告<平成30年分申告用>で保存されたバックアップファイル(ファイル名:sksdata2018.bak)のみです。

会計王やみんなの青色申告で保存されたバックアップファイルからの以降はできませんので、ご注意ください。

 

 

1.みんなの確定申告<平成30年分申告用>を起動し、「ファイル」-「データバックアップ」を開きます。

 

 

2.[参照]をクリックします。

image001.jpg 

 

 

3.バックアップファイルを保存するメディア(USBメモリ・CD-R/RW等)のドライブを選択します。

 

※「みんなの確定申告<平成30年分申告用>」と「みんなの確定申告<令和元年分申告用>」が同じパソコンにインストールされている場合は、デスクトップやハードディスクドライブ等に保存していただいても構いません。

image002.gif 

 

 

4.画面右下の[保存]を選択します。

※下図はUSBメモリに保存する場合です。

image003.jpg 

 


 5.手順3.で指定したドライブが表示されていることを確認し、[OK]をクリックします。

image004.jpg 

 

 

6.バックアップが完了すると下の画面が表示されます。[OK]をクリックして処理を終了します。

image005.jpg 

 

 

7.みんなの確定申告<平成30年分申告用>を終了し、B.操作手順へお進みください。

 

 

 

B.操作手順

 

 

「A.事前準備」で保存した「みんなの確定申告<平成30年分申告用>」のバックアップファイルを使用し、みんなの確定申告<令和元年分申告用>の申告者情報に移行します。

 

 

1.みんなの確定申告<令和元年分申告用>を起動します。

 

 

2.[2.平成30年分の確定申告データから令和元年分に移行する。]をクリックします。

image006.jpg 

 

 

3.「前年データ取り込み」画面が表示されますので、[参照]をクリックします。

image007.jpg 

 

 

4.<事前準備>手順.3でバックアップファイルを保存したドライブ(例では「リムーバブルディスク(E:)」を選択します。

image008.gif 

 

 

5.みんなの確定申告<平成30年分申告用>のバックアップファイル(sksdata2018.bak)を選択し(図:ア)、画面下の[開く]をクリックします(図:イ)。

image009.gif 

 

 

6.「前年データ取込」画面に戻ります。復元元が[<操作手順>4.で設定したドライブ名:\sksdata2018.bak]となっていることを確認し、[OK]をクリックします。

image010.jpg 

 

 

7.データの移行が完了しますと、「データ選択」にみんなの確定申告<平成30年分申告用>で申告書を作成した申告者が表示されます。

image011.jpg 

 

 

8.申告書を作成したい申告者をクリックし、画面右上の[選択]をクリックすることで申告者の入力が行えるようになります。

image012.jpg 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています