ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.減価償却費仕訳作成をやり直す方法

対象製品
農業簿記10 以降
農業簿記10JAバージョン 以降

 

 

減価償却費仕訳作成をした後、減価償却資産登録の内容を修正しても、作成済みの仕訳には反映されません。

そのため、一度作成した仕訳を削除し、再度、減価償却費仕訳作成をし直す必要があります。

 

A.減価償却費仕訳を削除する

※この操作で削除された仕訳は元に戻すことができませんので、必ず「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」を実行してから下記の操作を行ってください。

 

1.ダイレクトメニューの「日常」→「ツール」→「仕訳データ一括削除」を開きます。

以下のメッセージは[OK]をクリックします。

image001.jpg

 

2.仕訳データ一括削除画面が開きます。

〔決算仕訳を削除する〕〔仕訳作成元を指定〕〔減価償却費仕訳作成で作成された仕訳〕のみにチェックを付け、[実行]ボタンをクリックしてください。

image002.jpg

 

3.以下のメッセージはいずれも[OK]をクリックします。

image003.jpg

 

以上で削除は終了です。引き続き、減価償却費仕訳作成を行います。

 

 

B.減価償却費仕訳作成

 

1.「決算」→「自動仕訳」→「減価償却費仕訳作成」を開きます。

 

2.〔仕訳作成〕タブの「作成対象」にて、下の3つにチェックを付けます。

  ・減価償却費の仕訳を作成する  ・一括償却資産の仕訳を作成する  ・減価償却費

image004.jpg

 

3.「作成開始」ボタンをクリックします。

image005.jpg

 

4.これにより、減価償却費の仕訳が自動作成されます。(下は、「簡易振替伝票」画面の例です)

image006.gif 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
11人中10人がこの記事が役に立ったと言っています