ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.2019年10月からの消費税法改正への対応

対象製品
農業簿記11
農業簿記11JAバージョン

 

 

2019年10月1日より、消費税率が8%から10%に引き上げられます。

これにともない、軽減税率制度が実施されます。

ここでは、農業簿記での対応についてご案内いたします。

 

 

<対応状況>

消費税法改正には、農業簿記11から対応しています。

農業簿記10以前の製品をご利用中の方は、農業簿記11へのバージョンアップをお願いいたします。

※農業簿記11をインストールしても、すでに入力した仕訳伝票の税率は、自動的には変わりません。

 

 

<操作手順>

image001.gif 

 

A.仕訳伝票の入力

 

農業簿記11では、これから入力する仕訳の日付によって、8%と10%を自動判別します。

『2019/10/01』以降であれば、消費税率『10%』が初期値として設定されます。

『2019/09/30』以前であれば、『8%』が初期値として設定されます。

 

<例>会計期間:2019年1月1日 ~ 2019年12月31日

9月1日の課税取引を入力したとき

image002.jpg

 

10月1日の課税取引を入力したとき

image003.jpg

  

軽減税率対象の取引を入力するときは、仕訳の「率」欄から【8%(軽減)】を選択します。

image004.jpg

 

※※ ご注意ください ※※

同じ8%でも、旧税率の【8%】と軽減税率【8%(軽減)】は区別して入力してください。

消費税の申告をするときに、別々の欄に記入しなければならないためです。

 

 

B.便利な機能(仕訳辞書)

 

仕訳入力のつど消費税率を選び直すこともできますが、決まった軽減税率対象の取引がある場合は、あらかじめ【8%(軽減)】用の「仕訳辞書」を設定しておくと便利です。

 

1.「初期」→「詳細」→「仕訳辞書登録」を開きます。

 

2.新規に追加登録するときは[新規]ボタンをクリックします。

すでに登録されている取引を修正するには、その取引をクリックし[修正]ボタンをクリックします。

image005.jpg

 

3.「登録修正」画面が開きますので、取引の内容・勘定科目などを入力します。

「消費税率」欄で【日付に従う(軽減)】を指定し、[登録]ボタンをクリックします。

image006.jpg

※一覧画面では、「日付に従う(標準)」は「標準」、「日付に従う(軽減)」は「軽減」と表示されます。それ以外は指定した税率がそのまま表示されます。

image007.jpg

 

4.「仕訳辞書登録」で登録した辞書は、仕訳入力画面の「コード」欄の[▼]から選択できます。

例:簡易振替伝票入力

image008.jpg

 

「日付に従う(軽減)」で登録した辞書を利用すると、取引日付が2019年10月1日以降であれば「8%(軽減)」が自動的に表示されます。

(取引日付が2019年9月30日以前であれば旧税率の「8%」が自動的に表示されます)

 

※「お決まり仕訳登録」「振替伝票事例登録」も同様に税率の指定ができます。

 

 

C.消費税申告書の対応

 

改正後の消費税申告書作成には、今後の対応を予定しております。

2019年10月時点ではまだ対応していないため、消費税率10%および軽減税率8%の取引が入力されている状態で「消費税申告書作成」画面を開くことはできません。ご了承ください。

image009.jpg

 

対応するまで、消費税額の集計は下記画面にてご確認ください。

個人データ:「申告」→「消費税」→「消費税集計表」「消費税集計一覧表」

法人データ:「決算」→「決算書等」→「消費税集計表」「消費税集計一覧表」

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています