ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「初期設定」の設定方法

対象製品
農業簿記11

 

 

農業簿記11から、JAの取引データを農業簿記に取り込む機能が搭載されました。

いままで「クミカンデータ転送システム」や「ソリマチ れん太郎」をご利用だった方は、自動的に設定内容が取り込まれますが、ここでは、はじめてJA取引の設定を行う方のための「初期設定」の設定方法についてご案内いたします。

 

※※ ご注意ください ※※

・JAの取引データの提供は、JA様によって異なります。

取引データの提供があるかどうかや、そのデータの形式などについては管轄のJA様にご確認ください。

・取り込みを行なう前に、「農業簿記」でバックアップを取っておいてください。

・「農業簿記」のバックアップが完了したら、「農業簿記」を終了した状態で以下の操作を行なってください。

・農業簿記11と、「クミカンデータ転送システム」や「ソリマチ れん太郎」との連携はできません。

 

 

<操作手順>

 

1.「日常」→「JA取引」→「初期設定」を開きます。

(初回は、「初期設定」以外はグレーで選択できないようになっています。)

image001.jpg

 

2.それぞれの項目を設定します。

image002.gif

 

(ア)組合員コード

JA様より割り当てられた組合員コードを入力します。

2つまで設定でき、後で変更することもできます。

 

(イ)取引データのファイル名

取り込むJAデータの場所を指定します。[参照]をクリックすると以下の画面が表示されます。

①JAデータの入っているドライブ、フォルダーを選択します。

②取引データ(一般的には「Torihiki.dat」)をクリックします。

③[開く]ボタンをクリックします。

image003.gif

 

(ウ)取引データ形式

取引データの形式を選択します。ご不明な場合はJA様にご確認ください。

 

(エ)免税処理

農業簿記で設定されている消費税の申告区分が「免税」の場合の設定です。

仮受消費税・仮払消費税をどの科目に転送するかの設定を行なってください。

 

 

3.[設定]ボタンをクリックして完了となります。

image004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています