ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.JAデータを農業簿記に取り込む方法

対象製品
農業簿記11

 

 

農業簿記11から、JAの取引データを農業簿記に取り込む機能が搭載されました。

いままで「クミカンデータ転送システム」や「ソリマチ れん太郎」をご利用だった方は、今後は農業簿記単体で取り込みができます。

 

※※ ご注意ください ※※

・JAの取引データの提供は、JA様によって異なります。

取引データの提供があるかどうかや、そのデータの形式などについては管轄のJA様にご確認ください。

・取り込みを行なう前に、「農業簿記」でバックアップを取っておいてください。

・「農業簿記」のバックアップが完了したら、「農業簿記」を終了した状態で以下の操作を行なってください。

・農業簿記11と、「クミカンデータ転送システム」や「ソリマチ れん太郎」との連携はできません。

 

 

<操作手順>

 

A.初期設定

 

あらかじめ、JAの取引データを取り込むための設定をしておきます。

 

1.「日常」→「JA取引」→「初期設定」を開きます。

(初回は、「初期設定」以外はグレーで選択できないようになっています。)

image001.jpg

 

2.同じパソコンに、「クミカンデータ転送システム」または「ソリマチ れん太郎」が入っていた場合は、自動的に設定が引き継がれます。

内容を確認し、「設定」ボタンをクリックしてください。

image002.jpg

 

※同じパソコンに「クミカン」と「れん太郎」の両方が入っていた場合は下の画面が表示されます。

どちらの設定を引き継ぐか選択し、[実行]ボタンをクリックすると、上の画面に移動します。

image003.jpg

 

 

B.JA科目設定

 

今まで同じパソコンに「クミカン」または「れん太郎」が入っていた場合は、「A.初期設定」の操作をおこなうことで、前回の設定が引き継がれています。

 

新たにJA科目の対応付けをする場合、JA科目対応付けファイル(TAIOU.REN)を管轄のJA様より取得し、下記の操作をおこないます。

 

1.JA科目対応付けファイル(TAIOU.REN)を用意します。

USBメモリなどに保存されている場合はパソコンにセットします。

 

2.「日常」→「JA取引」→「JA科目設定」を開きます。

 

3.右上の「対応取込」ボタンをクリックし、表示された画面の「参照」ボタンをクリックします。

image004.jpg

 

4.JA科目対応付けファイル(TAIOU.REN)を選択し、「開く」ボタンをクリックします。

image005.jpg

image006.jpg

  

5.「取込」ボタンをクリックします。

image007.jpg

 

6.確認メッセージで「OK」ボタンをクリックするとJA科目対応付けがおこなわれます。

image008.jpg

image009.jpg

 

 

C.取引データの確認

 

「日常」→「JA取引」→「取引データ一覧」を開き、どのような取引データが入っているかご確認ください(このデータが「農業簿記」に取り込まれます)。

ここでは閲覧のみで、修正などはできません。

確認後はこの画面を終了します。

image010.jpg

 

 

D.取引データ取込

 

「取引データ一覧」の内容に間違いがなければ、「農業簿記」にデータを取り込みます。

 

1.「日常」→「JA取引」→「取引データ取込」を開きます。

取り込み対象の組合員コードにチェックを付けて「取込開始」ボタンをクリックしてください。

image011.jpg

 

2.確認メッセージで[OK]ボタンをクリックすると取り込みが開始されます。

image012.jpg

 

3.以下のメッセージが表示されましたら取込完了です。

「OK」ボタンをクリックし、「日常」→「帳簿」→「簡易振替伝票入力」などから取り込まれた仕訳をご確認ください。

image014.jpg

image013.jpg

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています