ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.旧製品で使用していた「安心データバンク」を新製品で引き続き使用する方法

対象製品
販売王20以降

販売王20販売・仕入・在庫以降

顧客王20以降

 

 

※新製品にて初めて「ソリマチ安心データバンク」を利用される場合、および、下記Aの操作でログインできなかった場合にはこちらをご参照いただき、「ソリマチ安心データバンク」の利用者登録後ご利用ください。

 

旧製品で使用していた「ソリマチ安心データバンク」を、新製品で引き続き使用する場合は、下記の手順を行ってください。

 

A:新製品での操作について

 

1.製品を起動します。

 

2.「バックアップ」画面または「PDFファイル」出力画面を開きます。

 

3.「バックアップデータを「ソリマチ安心データバンク」にも保存する」または「電子帳票(PDF)を「ソリマチ安心データバンク」にも保存する」にチェックを付けます。

 

4.上記3にてチェックを付けますと「ソリマチ安心データバンク-ログイン」画面が表示されます。シリアルナンバーとパスワードを入力後、[ログイン]をクリックします。

 

■シリアルナンバー

新製品のシリアルナンバー(16桁)を入力します。

■パスワード

旧製品で「ソリマチ安心データバンク」の利用者登録時に設定したパスワードを入力します。

※旧製品の「ソリマチ安心データバンク」にて利用者登録時に設定したパスワードをお忘れの方は、「パスワードを忘れた方はこちら」から設定済みパスワードをメールにて配信することが可能です。

 

5.新製品にて「ソリマチ安心データバンク」にログインが完了すると、「データ容量」欄に「ソリマチ安心データバンク」のデータ容量が表示されます。

 

6.バックアップファイルまたはPDFファイルを「ソリマチ安心データバンク」上へ保存します。

 

7.新製品を終了します。

 

8.再度、新製品を起動すると、引き続き新製品にて「ソリマチ安心データバンク」の利用が可能となります。

 

※「ファイル」-「環境設定」にて「利用時にログイン画面を表示する」が選択されている場合は、新製品再起動後もダイレクトメニューの「安心データバンク」はログアウト状態となります。

常時ログイン状態にする場合は、「利用時にログイン画面を表示する」のチェックを外してください。

 mceclip0.png

 

 

B:こんなときは

 新製品にて「ソリマチ安心データバンク」が利用できない場合、下記2つの原因が考えられます。

 

こちらについては下記の対処方法をお試しいただき、改善されるかご確認ください。

 

<原因1-対処方法>

旧製品の「ソリマチ安心データバンク」の利用者情報が、新製品にて認識されていない

 

1.事前にログインユーザー名を確認します。

 

(ア)旧製品を起動し、「ファイル」-「利用者設定」を開きます。

 

(イ)登録されている利用者の「ユーザー名」をメモに控えます。

 

(ウ)登録されている利用者をクリックして選択した状態で、画面下の[修正]ボタンをクリックします。

 

(エ)「パスワード」「パスワード確認」欄が入力されている場合は、その利用者にパスワードが設定されています。事前にパスワードもご確認ください。

※パスワードは販売王から調べることはできません。設定された担当者様にご確認ください。

 

2.旧製品における「安心データバンク」の利用者情報が保存されているファイルを削除します。

 

a:キーボードより[ctrl]キーを押しながら[E]キーを押し、エクスプローラーを起動します。

 

b:C:\Users\ログインアカウント名\Documents\Sorimachi\フォルダーを開きます。

 

c:手順3へお進みください。

 

3.旧製品フォルダーを開きます。

※「旧製品」=最新シリーズを利用する直前まで使用されていたバージョンの製品です。

 

4.「ソリマチ安心データバンク」の利用者情報が保存されているファイル(LocalEnv.XXXXX)を右クリック→「削除」を選択します。

※「XXXXX」は製品の拡張子が入ります。

 

5.下のメッセージが表示されましたら[はい]をクリックします。

 

6.旧製品を起動し、バックアップファイルまたはPDFファイルを「ソリマチ安心データバンク」に保存します。

※ログイン画面が表示されますので、手順1で確認したユーザー名でログインしてください。

 

7.旧製品を終了し、新製品にて改めて「A:新製品での操作について」をお試しください。

 

 

<原因2-対処方法>

新製品の「ソリマチ安心データバンク」の設定ファイルが、新製品にて正しく読み込まれていない

 

1.事前にログインユーザー名を確認します。

 

(ア)新製品を起動し、「ファイル」-「利用者設定」を開きます。

 

(イ)登録されている利用者の「ユーザー名」をメモに控えます。

 

(ウ)登録されている利用者をクリックして選択した状態で、画面下の[修正]ボタンをクリックします。

 

(エ)「パスワード」「パスワード確認」欄が入力されている場合は、その利用者にパスワードが設定されています。事前にパスワードもご確認ください。

※パスワードは販売王から調べることはできません。設定された担当者様にご確認ください。

 

2.新製品を終了し、インストール先フォルダーを開きます。

 

(ア)デスクトップ上などに作成された新製品の起動アイコンを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

 

(イ)画面左下の[ファイルの場所を開く]をクリックします。

 

3.不正に登録された設定ファイルの情報を解除します。

 

(ア)インストール先フォルダー内にある[UnRegist.BAT]を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

※Windows8.1/7をご利用の場合、必ず[管理者として実行]を選択してください。

 

※Windows8.1/7をご利用の場合、[ユーザーアカウント制御]画面が表示されるので[はい]または[続行]をクリックします。

 

(イ)コマンドプロンプト画面が表示されます。[型は正常に登録が解除されました]が表示されていることを確認します。

※[型は正常に登録が解除されました]以外のメッセージが表示される場合は、メッセージをメモに控え、弊社サポートセンターまでご連絡ください。

 

(ウ)「Enter」キーを押下し、コマンドプロンプト画面を終了します。

 

(エ)インストール先フォルダー内にある[Regist.BAT]を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

※Windows8.1/7をご利用の場合、必ず[管理者として実行]を選択してください。

 

 

※Windows8.1/7をご利用の場合、[ユーザーアカウント制御]画面が表示されるので[はい]または[続行]をクリックします。

 

(オ)コマンドプロンプト画面が表示されます。[型は正常に登録されました]が表示されていることを確認します。

※[型は正常に登録されました]以外のメッセージが表示される場合は、メッセージをメモに控え、弊社サポートセンターまでご連絡ください。

 

(カ)「Enter」キーを押下し、コマンドプロンプト画面を終了します。

 

4.新製品における「安心データバンク」の利用者情報が保存されているファイルを削除します。

 

 

a:キーボードより[Ctrl]キーを押しながら[E]キーを押し、エクスプローラーを起動します。

 

b:C:\Users\ログインアカウント名\Documents\Sorimachi\フォルダーを開きます。

 

c:手順3へお進みください。

 

 

 

3.新製品フォルダーを開きます。

※販売王=SALXX、販売王 販売・仕入・在庫=SPRXX、顧客王=SCLXX(XXには新製品のバージョンが入ります)

 

4.「ソリマチ安心データバンク」の利用者情報が保存されているファイル(LocalEnv.XXXXX)を右クリック→「削除」を選択します。

※「XXXXX」は製品の拡張子が入ります。

 

5.下のメッセージが表示されましたら[はい]をクリックします。

 

6.旧製品を起動し、バックアップファイルまたはPDFファイルを「ソリマチ安心データバンク」に保存します。

 

7.旧製品を終了し、新製品にて改めて「A:新製品での操作について」をお試しください。

※ログイン画面が表示されますので、手順1で確認したユーザー名でログインしてください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています