ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「固定資産売却仕訳の課税区分が誤っている可能性があります」と表示される場合

対象製品
農業簿記10 以降
農業簿記10JAバージョン 以降

 

 

仕訳チェックを実行した際に、下記のような結果が表示されることがあります。

image001.jpg 

 

この結果は、固定資産(建物、機械、車両等)の売却仕訳があったときに、消費税の課税区分が誤っている可能性がある場合に表示されます。

下記の操作手順にて、課税区分の見直しをおこなってください。

 

 

<操作手順>

 

1.チェック結果の中から確認したい行をダブルクリックするか、行を選択して右上の[呼出]ボタンをクリックします。

 

2.対象の仕訳伝票が表示されます。

「税」欄の区分(課税区分)が正しいか確認し、必要に応じて修正してください。

image002.jpg

「21」は、消費税のかかる「仕入」・「経費」を表します。

「11」は、消費税のかかる「売上」・「収入」を表します。

 

固定資産の「売却」は「収入」にあたるため、「11」に修正します。

image003.jpg

 

※このチェックは、仕訳の入力に誤りがないかを再確認していただくためのものです。

課税になるかどうかの判断は、税務署や関与税理士先生にお尋ねください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています