ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.新元号「令和」対応サービスパックのインストール方法

 

 

2019年5月1日(水)より「平成」から「令和」に改元されることが、正式に発表されました。

ソリマチ製品では最新のサービスパックをインストールしていただくことで、新元号に対応致します。

 

 

※※ 注 意 ※※

・オンラインアップデートを実行できるのは「コンピューターの管理者」権限を有するユーザーでログオンしている場合のみです。

 

 

<操作手順>

 

1.「MA1」を起動後、メニューバー「ヘルプ」→「オンラインアップデート」をクリックします。

image001.jpg

 

 

2.[今すぐアップデートチェックを行う]をクリックします。

image002.jpg

 

 

3.「オンライアップデート」画面が表示されますので、[OK]をクリックします。

image003.jpg

 

 

※下の画面が表示された場合は、既に該当サービスパックが適用されております。こちらのメッセージは[OK]をクリックして終了します。

後述の『令和1年のMA1での制限について』からご覧ください。

image004.jpg

 

 

 

4.下の画面が表示されている間は処理を中断しないでください。

image005.jpg

 

 

5.「ユーザーアカウント制御」画面が表示されましたら、[はい]または[続行]をクリックします。

image006.jpg

 

 

6.インストール中は下の画面が表示されます。途中でパソコンの電源を落とさないでください。

image007.jpg

 

 

7.インストールが正常に終了すると下のメッセージが表示されますので、[OK]をクリックします。

image008.jpg

 

 

8.「令和」対応が完了して、製品が起動します。他に作業はありませんので、日常業務にご利用ください。

 

 

 

 

『令和1年のMA1での制限について』

 

 

MA1の画面上では一部、令和1年の表現に制限があります。

初年度のみの表現となることを把握いただきながらのご利用をお願い致します。

 

 

A.連続5期売上高推移表

 

「分析」→「連続5期売上高推移表」を開いた場合、「分析期間」の表示と印刷内容は、以下のようになります。

 

1.設定画面

「令和1年5月~令和1年12月」を「分析期間」に選択する場合でも、「平成31年5月~平成31年12月」と表示されます。

image009.gif

 

 

2.印刷内容

Excelに出力された「連続5期売上高推移表」画面下の元号は「令和1年5月~令和1年12月」であっても「H31.5月」として出力されます。

image010.jpg

 

 

 

B.元年表記について

 

1.画面表示

 

新元号「令和」が表示される機能では「令和1年」と表示されます。

image011.gif

 

2.印刷画面

 

「令和1年」と画面表示されている機能で印刷を行うと、「令和元年」で印刷されます。

 

image012.jpg 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています