ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「損益計算書(一般用)と各ページの内訳の合計が一致していません。」が表示される

対象製品
会計王18以降
会計王18PRO以降
みんなの青色申告18以降

 

 

■給与賃金の内訳

①1ページ目:損益計算書(20)欄

②2ページ目:[給与賃金の内訳]-[支給額]-[合計]の[計]

image001.jpg

 

 

 

A:エラーが発生する原因

 

青色申告決算書-損益計算書(1ページ目)の「給与賃金(20欄)」の金額(図:a)と、2ページ目の「給与賃金の内訳」の[支給額]-[合計]の[計](図:b)が一致していないことが原因です。

 

 

<青色申告決算書-損益計算書(1ページ目)>

image002.gif

 

 

<青色申告決算書-給与賃金の内訳(2ページ目)>

image003.gif

 

エラーを解消するため、【B:損益計算書(一般用)と各ページの内訳金額を確認します】へお進みいただき、各金額を確認してください。

 

 

 

B:損益計算書(一般用)と各ページの内訳金額を確認します

 

 

1.下のメッセージは[キャンセル]をクリックします。

image004.jpg

 

 

2.「青色申告決算書」画面に戻ります。

画面下の[帳票タイプ]を確認し、「A4よこ帳票」となっていることを確認します。

image005.jpg

 

 

※印刷タイプが「税務署配布用紙(OCR用紙)」の場合は「書式設定」にて帳票タイプを「A4よこ帳票」に変更後、画面右上の[設定]をクリックしてください。

image006.jpg

 

 

3.画面下の[プレビュー]をクリックします。

image007.jpg

 

 

4.「青色申告決算書」のプレビュー画面が表示されます。

「給与賃金(20欄)」の金額をメモに控えてください。

image008.jpg

 

 

5.画面左上の[次ページ]を1回クリックし、2ページ目の「給与賃金の内訳」にて[支給額]-[合計]の[計]をメモに控えます。

image009.jpg

 

 

6.金額の確認が終わりましたら画面中央上の[閉じる]をクリックし、プレビュー画面を閉じます。

image010.jpg

 

 

7.「青色申告決算書」を画面下の[キャンセル]で終了します。

image011.gif

 

※金額確認のために帳票タイプを変更した場合は「書式設定」にて元の帳票タイプに戻してください。

 

 

8.引き続き、【C:「損益計算書(一般用)」と各ページの内訳金額を一致させるために、各メニューより修正します】へお進みください。

 

 

 

C:「損益計算書(一般用)」と各ページの内訳金額を一致させるために、各メニューより修正します

 

 

2ページ目の「給与賃金の内訳」の[支給額]-[合計]の[計]の内容を修正する場合は、下記手順1.を、青色申告決算書-損益計算書(1ページ目)の「給与賃金(20欄)」の金額を修正する場合は、下記手順2.をご参照ください。

 

 

1.「決算」→「青色申告入力(一般)」より、[給与賃金の内訳]を修正します。

 

(ア)「決算」→「青色申告入力(一般)」を開き、[給料賃金の内訳]タブをクリックします。

image012.jpg

 

(イ)[給料賃金の内訳]にて[合計]の[計](下図:a)と、B-4でメモに控えた「損益計算書」の「給料賃金(20欄)」を一致させます。

 

修正したい従業員の氏名をクリックし(下図:a)、画面上の[入力]をクリックします(下図:b)。

image013.gif

 

※新規に給料賃金の内訳を追加する場合は、新規入力行(空欄行)をクリックし(図:c)、[入力](下図:d)をクリックします。

image014.gif

 

 

(ウ)必要な情報を入力し、画面下の[登録]をクリックします。

image015.gif

 

 

(エ)「青色申告入力(一般)」画面は右下の[設定]ボタンをクリックし、終了します。

 

 

(オ)青色申告決算書-損益計算書(1ページ目)の「給与賃金(20欄)」の金額を修正する場合は、引き続き手順2.へお進みください。

 

 

青色申告決算書-損益計算書(1ページ目)の「給与賃金(20欄)」の金額を修正する必要がない場合は、手順3.へお進みください。

 

 

2.「帳簿」→「元帳」より「給与賃金」の仕訳を修正します。

 

※仕訳の修正を行います。操作の前に「ファイル」→「データバックアップ」を開き、データのバックアップをお取りください。

 

(ア)「帳簿」→「元帳」を開きます。

 

 

(イ)画面左上の科目を「給料賃金」に切り替えます。

image016.jpg

 

(ウ)画面左下の[全表示]タブをクリックし、画面右下の合計残高(下図:a)とB-5でメモに控えた[給料賃金の内訳]-[支給額]-[合計]の[計]を一致させます。

 

金額が異なる場合は、入力済みの仕訳内容に誤りがないか確認後、必要に応じて仕訳の修正・追加・削除を行います。

image017.gif

 

※一般用と不動産用所得の両方があり、部門設定されている場合は、画面上部の部門を一般用の部門に切り替えます。

 

 

(エ)仕訳の修正が完了したら、画面右上の[終了]ボタンをクリックし、終了します。

 

 

(オ)手順3.へお進みください。

 

 

3.「決算」→「青色申告決算書」を開き、印刷またはプレビュー時に発生していたエラーが改善されているかを確認してください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています