ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.各種ログの採取方法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

顧客王18以降

 

 

<A.AppLogの採取方法>

<B.SQLServerログの採取方法>

<C.Windows システムログの採取方法>

 

 

 

 

<A.AppLogの採取方法>

起動がうまくいかない、印刷がうまくいかない場合に採取するログです。

 

1.デスクトップの製品のショートカットアイコンを右クリックして、「ファイルの場所を開く」をクリックします。

image001.jpg

 

2.フォルダー内の「AppLog.ini」を右クリックして、「コピー」をクリックします。

※「.ini」は設定によって表示されない場合があります。

image002.jpg

 

3.キーボードの「Windows」キー + 「E」キーを押し、「クイックアクセス」から「ドキュメント」を右クリックし、「貼り付け」をクリックします。

image003.jpg

 

4.“画面は閉じず”に、弊社製品を操作して、問題の現象を再現させます。

 

5.手順3で開いた「ドキュメント」フォルダー内に、『AppLog.txt』が作成されていますので、こちらを弊社までお送りいただきます。

※手順2でコピーした「AppLog.ini」ではありませんのでご注意ください。

※サイズが大きい場合は、圧縮を行ってください。参考

※「.txt」は設定によって表示されない場合があります。その場合は、アイコンでファイルをご判断ください。「AppLog.txt」は書類のアイコンでこちらが正しいファイルです。「AppLog.ini」はファイルに歯車がついたアイコンとなります。

image004.jpg

 

販売サポート宛先

support-hanbai@mail.sorimachi.co.jp

※再度、AppLogをお送りいただく場合は、手順1~3は省略可能です。

 

 

 

 

<B.SQLServerログの採取方法>

起動がうまくいかない場合に採取するログです。

 

※弊社製品は終了した状態で行ってください。

 

1.「SQL Server構成マネージャ」を開きます。

(ア)キーボードの「Windowsキー(image005.jpg)」+「R」を押し「ファイル名を指定して実行」を表示します。

(イ)以下のフォルダーパスをコピーして、「名前」欄に貼り付けて[OK]ボタンをクリックします。

■32bit版OSでSQLServer2012の場合 こちらをコピー→C:\WINDOWS\System32\SQLServerManager11.msc

■64bit版OSでSQLServer2012の場合 こちらをコピー→C:\WINDOWS\SysWOW64\SQLServerManager11.msc

 

※コピーと貼り付けがうまくいかない場合は、お手数ですが「名前」欄に手入力してください。

※ユーザーアカウント制御画面が表示されましたら、[はい]ボタンをクリックします。

 

2.画面左から「SQL Serverのサービス」を選択し、画面右側の「SQL Server(SORIMACHI2012)」を右クリックして、「停止」をクリックします。

image007.jpg

 

3.以下のフォルダーを開きます。

■32bit版OSでSQLServer2012をお使いの場合

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.SORIMACHI2012\MSSQL

 

■64bit版OSでSQLServer2012をお使いの場合

C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\MSSQL11.SORIMACHI2012\MSSQL

 

4.「Log」フォルダーを右クリックして、「コピー」をクリックします。

image008.jpg

 

5.デスクトップの何もない部分を右クリックして、「貼り付け」をクリックします。

※以下の画面が表示された場合は、「すべての項目にこれを実行する」にチェックを入れ、[続行]をクリックします。

image009.jpg

 

6.コピーした「Log」フォルダーを右クリックし、「送る」-「圧縮(zip形式)フォルダー」をクリックします。

image010.jpg

 

7.作成された「Log.zip」を弊社までお送りいただきます。

image011.jpg

 

販売サポート宛先

support-hanbai@mail.sorimachi.co.jp

 

 

 

 

<C.Windows システムログの採取方法>

製品の動作がおかしい場合に採取するログです。

 

1.「イベントビューアー」を開きます。

(ア)キーボードの「Windowsキー(image012.jpg)」+「R」を押し「ファイル名を指定して実行」を表示します。

(イ)「名前」欄に『eventvwr』と入力し、[OK]ボタンをクリックします。

image013.jpg

 

2.画面左から「Windowsログ」を開き、「Application」を右クリックして、「すべてのイベントを名前をつけて保存」をクリックします。

image014.jpg

 

3.「名前を付けて保存」画面が表示されますので、以下の設定を行い、ログを保存します。

※画面が表示されるまで時間がかかる場合がございます。

(ア)画面左から「デスクトップ」をクリックします。

(イ)「ファイル名」に『アプリケーション』と入力します。

(ウ)[保存]をクリックします。

image015.jpg

 

4.「表示情報」画面が表示されましたら、「これらの言語についての表示情報」をクリックして、「日本語(日本)」にチェックが入っていることを確認して、[OK]をクリックします。

image016.jpg

 

5.保存が完了しましたら、画面左の「システム」を右クリックして、「すべてのイベントを名前をつけて保存」をクリックします。

 

6.「名前を付けて保存」画面が表示されますので、以下の設定を行い、ログを保存します。

※画面が表示されるまで時間がかかる場合がございます。

(ア)画面左から「デスクトップ」をクリックします。

(イ)「ファイル名」に『システム』と入力します。

(ウ)[保存]をクリックします。

image018.jpg

 

7.「表示情報」画面が表示されましたら、「これらの言語についての表示情報」をクリックして、「日本語(日本)」にチェックが入っていることを確認して、[OK]をクリックします。

image016.jpg

 

8.作成された「アプリケーション.evtx」と「システム.evtx」を弊社までお送りいただきます。

image019.jpg

 

販売サポート宛先

support-hanbai@mail.sorimachi.co.jp

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています