ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.SQLServerのインストール時に「Oracle JRE 7 Update 51(64ビット)以上が必要です」と表示された場合の対処法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

顧客王18以降

 

 

SQLServer2016をインストールする際に、ルールのチェック画面で以下のように「Oracle JRE 7 Update 51(64ビット)以上が必要です」と表示され、インストールが進めない場合があります。

image001.gif

 

このような場合は、必要なプログラムをインターネット上より取得していただき、インストールしていただく必要がございます。

お手数ですが、以下の手順をご参照ください。

 

1.以下のURLを開きます(2019年5月31日現在)。

https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

 

2.「Java SE 8u211 / Java SE 8u212」の「JRE」下にある[DOWNLOAD]をクリックします。

image002.jpg 

 

3.「Java SE Runtime Environment 8u211」の「○Accept License Agreement」をクリックしてから、「Windows x64」右の『jre-8u211-windows-x64.exe』をクリックします。

 image003.jpg

 

※こんなときは※

■「Oracleプロファイルへのサインイン」が表示される場合

ファイルのダウンロードにはOracleプロファイルへのサインインが必要となります。

Oracleのアカウントをお持ちでない場合は、[プロファイルの作成]からプロファイルを作成していただき、サインインを行った後に改めて手順1~3をお試しください。

image004.gif

 

4.ダウンロードしたファイルを実行します。

ブラウザによって操作が異なりますので、以下をご参照ください。

■Google Chromeの場合

(ア)クリック後、画面下部に以下の表示がされますので、[保存]をクリックします。

image005.jpg 

  

(イ)その後、表示される以下の画面をクリックします。

image006.jpg 

 

■Internet Explorerの場合

(ア)クリック後、画面下部に以下の表示がされますので、[実行]をクリックします。

image007.gif

 

5.インストール画面が表示されますので、[インストール]をクリックします。

image007.jpg

 

6.以下の画面が表示されましたら、[OK]をクリックします。

image008.jpg

 

7.インストールが始まりますので、そのままお待ちください。

image009.jpg

 

8.正常にインストールされた旨の画面が表示されましたら、[閉じる]をクリックします。

image010.jpg

 

インストール後、改めてSQLServer2016のインストールをお試しください。

 

※JAVAのインストールについてご不明点がございましたら、恐れ入りますがOracle社様にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています