ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.過去に遡ってデータを新規作成する方法

対象製品
給料王19以降

 

遡って過去給与を作成するには、「ツール」→「給与台帳入力(過去分)」にて手入力していただく方法がございます。以下の手順にてご操作ください。

 

<操作方法>

 

1.「最新給与月」と「給与処理月」を同じ月に揃えます。

image001.png 

 

2.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。

 

3.該当社員名をクリックし、「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」画面を終了します。

 

4.「ツール」→「給与台帳入力(過去分)」を開きます。

「給与台帳入力(過去分)条件」画面は、条件を指定して[設定]ボタンをクリックします。

 

5.3番でクリックした社員を選択し、遡って作成した月をクリックし[作成]ボタンをクリックします。

(以下は例として2月を作成します。)

 

6.「給与台帳入力(過去分)作成」画面が表示されます。通常は前月のデータを今月に複写する操作になりますが、前月の給与データがない為3番で仮計算した内容を複写します。

この場合は「H.●年3月のデータを元にH.●年2月のデータを作成します。」の状態で[開始]ボタンをクリックします。

image002.png 

7.3月のデータが2月に複写されたことを確認し、2月給与を「給与台帳入力(過去分)」画面にて入力します。

※「給与台帳入力(過去分)」画面では一切自動計算行わないため、「普通残業」や「所得税」などの計算項目も当時の給与明細を元帳に手入力します。

 

8.全ての勤怠項目、支給項目、控除項目の入力が終わりましたら、修正を行った月が選択されている状態で[集計処理]ボタンをクリックします。

image003.png

 

9.「給与台帳入力(過去分)集計処理」画面が表示されます。

[開始]ボタンをクリックすると「再計算対象項目」に表示されている項目が自動計算・集計されます。

※「再計算対象項目」以外の項目に関しましては、自動計算・集計はされませんので、手計算した金額を手入力にてすべて変更してください。

image004.png

 

※データの訂正を行いますと、該当社員と訂正した月に「*」マークが表示されます。

「*」マークは、「給与台帳入力(過去分)」画面を閉じるとクリアされます。

image005.jpg 

 

10.画面右側に進み、「差引支給額」欄と当時に出力した給与明細と比較します。

相違のないことを確認します。

※もし相違がある場合は、7番で入力した金額を見直して、修正した後に8~9番の操作を実行します。「差引支給額」が合うまで繰り返します。

 

11.「差引支給額」が合いましたら、「振込金額1」と「振込合計」、もしくは「現金支給額」を手入力にて修正してください。

image006.png 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています