ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.退職した人の退職処理を行った際に「退職日以降の給与等のデータが存在します。~退職処理を中止します。」というメッセージが出ます

対象製品
給料王19以降

 

 

例えば、5月に退職した人の退職処理を忘れており、それに気付いた12月に退職処理を実行したところ以下メッセージが表示されるケースがあります。

これは、退職をした月の翌月以降(5月退職であれば、6月以降)に給与データまたは賞与データが存在するためです。いくつか例を挙げますので、削除する・しないのご判断にご活用ください。

image001.jpg 

 

例:会社の給与の締日:20日、支給日:25日

給料王の「設定」→「グループ支給日設定」画面の内容

image002.jpg  

(以下記載されている給与データとは、給料王の給与データ入力画面のことです)

 

【ケース1:5月18日退職した場合】

(ア)5月の給与データまでしかない・・・メッセージは出ません。

(イ)6月以降の給与データがある・・・・メッセージが出ますので「はい」を選択すると6月以降の給与データを削除します。

5月の給与データは削除されません。

 

【ケース2:5月22日退職した場合】

 (ア)6月の給与データまでしかない・・・メッセージは出ません。

(イ)7月以降の給与データがある・・・・メッセージが出ますので「はい」を選択すると7月以降の給与データを削除します。

6月の給与データは削除されません。

 

※給料王では、このように給与締日と退職日を照らし合わせてメッセージを出しています。

なお、退職者の源泉徴収票を印刷する方法については、中途退職者の源泉徴収票の出力方法をご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています