ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.2月からよくある質問_みんなの確定申告編(No.1)

 

 

確定申告時期により弊社サポートセンターが混雑していますことお詫び申し上げます。

3/15まで営業時間を9:00~18:00と延長しておりますが、確定申告時期終了まで混雑が続くと見込まれます。

 

本Q&Aで、多くいただくご質問とその回答をご紹介いたします。お客様のご不明点解消の一助となれば幸いです。

 

※日々事例を追記させていただきます。

image001.gif 

 

以下、それぞれの回答をご案内いたします。

 

 

A.確定申告ソフト「みんなの確定申告〈平成29年分申告用〉」は、ダウンロード版とCD版になにか違いがあるのですか?

 

違いはありません。ダウンロード版、CD版いずれか一方をインストールしてご利用くださいませ。

 

~ダウンロード版はこちら~

https://www.sorimachi.co.jp/usersupport/products_support/login.asp?jump=255&category=kakutei

 

 

B.申告書Bの作成・入力ができない

 

申告書タイプがAになっていると思われます。以下手順で申告書Bに変更いたします。

 

1.「導入」タブをクリックして「申告者設定」を開きます。

2.「申告者設定」画面の右側中央に「申告種類」を設定する箇所がありますので、申告書Bに切替をして「登録」をクリックして閉じます。

これで申告書Bの作成が可能です。

 

 

C.みんなの確定申告ソフトがCDで届きました。法人の申告で利用できますか?

 

みんなの確定申告ソフトは個人申告専用となっていますので、法人の申告にはご利用できません。

個人事業の確定申告でご利用いただきます。

そのほか、法人事業の場合でも代表者や役員本人が確定申告を行っている場合にご利用いただくこともできます。

 

 

D.収入金額や控除金額を入力したいが、クリックしても反応が無く入力ができない

 

image002.gif 

 

上記、「※1」赤枠内の項目を入力する場合は・・・・

入力したい欄を選択して、画面上部の「内訳」※2をクリックすることで入力する画面が表示されます。

または、入力したい欄をマウスでダブルクリックすることでも同様に入力する画面を表示することができます。

 

 

E.第二表が入力できない、または、印刷されない

 

1.「申告書」タブをクリックして「申告書B」または「確定申告書A」を開きます。

 

2.画面下部にスクロールします。

 

3.所得控除に関する入力は「※1」の欄で必要な個所をダブルクリックします。

表示された画面で入力をお願いいたします。

 

4.収入に関する入力は「※2」所得の内訳書をクリックします。

表示された画面で入力をお願いいたします。

image003.gif

 

 

F.営業、農業、不動産、配当、給与、年金など、所得の明細を入力したい

 

「所得の内訳書」で入力できます。

1.「添付資料」をクリックして「所得の内訳書」を開きます。

 

2.こちらで営業や給与、年金などそれぞれの内容を入力することができます。

 

※なお、「添付資料」メニュー内には医療費や寄付金などの明細書を作成する機能がございます。

 

 

G.「所得の内訳書」を入力したが第一表に反映しません

 

1.「申告書」をクリックして「申告書B」または「確定申告書A」を開きます。

 

2.反映していない「収入金額等」の欄を選択して、画面上の「内訳」をクリックします。

 

3.表示された画面下に「所得の内訳書取込」ボタンがありますのでクリックします。情報が反映されたことを確認して「次へ」ボタンをクリックしたのち「登録」ボタンをクリックします。

 

これで「所得の内訳書」の内容が第一表に反映されます。

 

 

H.個人番号(マイナンバー)が印刷されません、または、出力されません

 

申告者本人の個人番号は以下の方法で入力します。

1.「導入」をクリックして「申告者設定」を開きます。

2.表示された画面の左中央あたりにある「個人番号」欄に入力して「登録」をクリックします。

 

専従者の個人番号は以下の方法で入力します。

1.「添付資料」をクリックして「事業専従者一覧表」を開きます。

2.専従者の登録がありますので画面上の「訂正」をクリックします。

3.専従者の情報を入力する画面が表示されますので「個人番号」欄に入力して「登録」をクリックします。。

 

 

I.医療費控除、またはセルフメディケーション税制の明細書を作成したい

 

1.「添付資料」をクリックして「医療費控除・セルフメディケーション税制の明細書」を開きます。

 

※初回開く際には「医療費控除」「セルフメディケーション税制」どちらを入力するか確認画面が表示されます。入力したいほうをご選択ください。誤って選択しても後ほど変更可能です。

 

※改正により今年から「セルフメディケーション税制」が選択できるようになりました。ただし、「医療費控除」「セルフメディケーション税制」どちらか一方の控除しか受けることはできません。詳しい制度内容は最寄の税務署、またはかかりつけの税理士様、会計士様にお尋ねください。

 

「セルフメディケーション税制」国税庁掲載内容

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1129.htm

 

2.お手元の領収書を見ながら、それぞれの項目に必要事項を入力していただきます。

 

 

J.印刷位置がずれてしまいます

 

税務署から送られてきた確定申告書(OCR用紙)に印刷をしたいが、印字位置がずれて枠からはみ出してしまう場合は印字位置の調整を行っていただきます。

 

1.印刷画面にある「余白・倍率設定」をクリックします。

 

2.帳票ごとに縦横の調整ができます。

左余白(mm)の数値を増やすと右側にずらすことができます。

上余白(mm)の数値を増やすと下側にずらすことができます。

 

 

K.確定申告書を白紙(コピー用紙)に印刷しても税務署は受け取ってくれますか?

 

税務署が受け取るか不明のため提出先の税務署へお尋ねください。

なお、必ず受け取る、税務署から送られてくる確定申告書(OCR用紙)に印刷して提出することをお勧めいたします。

 

 

L.青色申告決算書の作成(入力)が完了したので、みんなの確定申告にデータを取り込みたい

 

青色申告決算書のデータを出力したうえで、みんなの確定申告でそのデータを取り込みます。

 

1.「決算」タブをクリックして「青色申告決算書」を開きます。

 

2.画面下にある「確定申告データ出力」をクリックします。確認メッセージは「OK」で進みます。

出力が完了しましたら、「みんなの確定申告」ソフトを起動します。

 

3.「申告書」をクリックして「申告書B」を開きます。

 

4.画面上部の「データ取込」をクリックします。確認メッセージは内容確認したうえで「はい」で取り込みを進めてください。青色申告決算書の数字が反映されていることを確認くださいませ。

 

 

 

M.ふるさと納税の入力の方法がわかりません

 

「寄附金控除」で入力します。

 

1.「申告書」をクリックして「申告書B」または「確定申告書A」を開きます。

 

2.「寄附金控除」の金額欄を選択して、画面上の「内訳」をクリックします。

 

3.画面左上にある「追加」をクリックします。

 

4.「寄附年月日」「寄附先の所在地」「寄附先の名称」「金額」を入力します。

 

5.画面下の「区分」は「都道府県、市区町村分」を選択し、画面右上の「登録」をクリックすることで、「申告書B」または「確定申告書A」に寄附金控除額が計算されます。

 

 

N.国税庁のe-Taxソフトへデータを送信することはできますか?

 

個人事業者様は、弊社ソフトで作成された青色申告決算書または収支内訳書、確定申告書および消費税申告書の情報をe-Taxソフトへ送信することが可能です。

そのためにみんなの電子申告(e-Tax連携オプション)を利用します。

 

「みんなの電子申告(平成29年分e-Tax連携オプション)」はこちらからダウンロードができます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています