ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q. 令和6年6月からの定額減税(給与・賞与計算の「月次減税」)に対応するには?

対象製品
農業簿記12

 

 

令和6年6月1日以降に支給される給与/賞与より「定額減税」制度が施行されます。

「農業簿記12」では製品起動時に「オンラインアップデート」を行っていただくことで、「源泉徴収票作成システム」が定額減税に対応したものにバージョンアップされるようになります。

なお、令和6年分の年末調整の計算(「年調減税」含む)および帳票についての対応は今後提供予定です。

 

<操作手順>

 

A:製品起動時にアップデートチェックを行いインストールします

 

1.農業簿記を起動します。

 

2.「オンラインアップデート」画面が表示された場合は、画面下の[はい]をクリックします。

image001.jpg

 

3.下の画面が表示されている間は処理を中断しないでください。

image003.gif

 

4.「ユーザーアカウント制御」画面が表示されますので、[はい]をクリックします。

image004.jpg

※[ユーザーアカウント制御]画面が表示されない場合は、手順5へお進みください。

 

5.インストールが正常に終了すると下のメッセージが表示されますので、[OK]をクリックします

image005.jpg

 

6.農業簿記が自動で起動しますので「サポート」→「バージョン情報」よりサービスパックが「2155042」以降である事をご確認ください。

image006.jpg

 

 

B. 減税対象人数を設定します

 

1.農業簿記の「申告」→「年末調整」→「源泉徴収票作成」をクリックし、源泉徴収票作成システムを開きます。

(法人データの場合は「決算」→「決算書等」→「源泉徴収票作成」で開きます。)

 

2.画面左上の「ヘルプ」→「バージョン情報」から源泉徴収票作成システムのサービスパックが「2155042」以降であることを確認してください。

image007.jpg

 

3.「専従者登録」「雇い人登録」画面で被扶養者(同一生計配偶者、扶養親族)がすべて登録されていることを確認します。

※新たに被扶養者を登録する場合はこちらをご覧ください。

 

4.被扶養者がすべて登録されましたら画面右上の[人数設定]をクリックします。

image008.jpg

 

5.下記のメッセージが出ますので[はい]をクリックします。

image009.jpg

 

6.登録されている方の「扶養者」の欄に「減額対象人数」が表示されますので、ご確認ください。

人数に間違いがなければ画面右上の[終了]をクリックします。

image010.gif

 

 

※「専従者登録」「雇い人登録」の画面では登録者のお名前をダブルクリックし、「定額減税」タブより定額減税の対象者の人数を手入力することも可能です。
扶養親族の登録を行わない場合や、人数の変更が必要な場合はこちらから設定を行ってください。

image011.gif

image012.jpg

 

 

C. 給与・賞与データで減税額を計算します

 

[割当]ボタンをクリックすることで6月1日以降に支払われた給与、賞与の源泉税額から順次、控除できる定額減税額を差し引きます。
控除後の源泉税額を「控除後源泉税額」に表示します。

 

1.源泉徴収票作成システムを開き、「給与・賞与データ入力」をクリックします。

専従者、雇い人の給与の額や支給日、社会保険料や扶養親族の数などにお間違いがないかを確認してください。

 

2.「給与・賞与データ入力」画面の[割当]ボタンをクリックします。

image013.gif

 

3.下記のメッセージが表示されますので、[はい]をクリックすると6月以降の支給日から控除できる定額減税額と、控除後の源泉徴収額が自動計算されます。
定額減税額はB.で設定した「専従者登録」「雇い人登録」画面の「定額減税対象人数」から計算されます。

image014.jpg

 

4.割当は画面左上に表示されている人について計算されます。
複数人の給与を計算している場合は人数分[割当]を行う必要があります。

image015.gif

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています