ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.青色申告決算書の損益計算書に家事消費・事業消費金額を反映させる方法

対象製品
農業簿記11以降
農業簿記11JAバージョン以降

 

 

青色申告決算書の損益計算書に「家事消費・事業消費金額」に金額が入っていない場合、家事消費高・事業消費高の仕訳の入力が必要です。

image001.jpg

 

「資産台帳」→「棚卸資産」にて、「簡易な棚卸表で入力する(簡易形式)」が選択されている場合は、仕訳を自動的に作成することができます。詳しい仕訳の作成方法は、以下をご参照ください。

 

※「詳細な棚卸表で入力する(従来形式)」が選択されている場合は、仕訳を作成することが出来ません。

「日常」→「帳簿」画面にて仕訳を手入力していただきますようお願いいたします。

 

<操作手順>

 

1.「資産台帳」→「棚卸資産」をクリックします。

 

2.画面左上の「簡易な棚卸表で入力する(簡易形式)」にチェックがついていることを確認します。

image002.gif

 

3.「農産物」タブの「家事消費金額」、「事業消費金額」欄に、作物ごとの金額を入力します

※登録件数は、田畑:6件、果樹:3件、特殊施設:3件、畜産その他:3件 までです(「果樹」は青色申告のみで、白色申告にはありません。そのため、白色申告の場合、田畑:9件)となります)。

行を追加したり、区分を変更したりすることはできません。

image003.gif

 

4.仕訳作成用の勘定科目(補助科目・部門)を設定します。

(ア)画面左上の「仕訳作成の科目設定をする」にチェックを付けます。

 

(イ)取引内容を選択します。

・家事を表示する・・・家事消費高仕訳で使用する勘定科目を設定します。

・事業を表示する・・・事業消費高仕訳で使用する勘定科目を設定します。

 

(ウ)上記(イ)で選択した取引で使用する勘定科目(補助科目・部門)を、各欄の[▼]ボタンから選択してください。

image004.gif

 

※金額のある作物については、1つでも「指定なし」があると仕訳作成が出来ません。

また、補助科目・部門が選択できる場合は、必ず選択してください。

 

(エ)家事消費高・事業消費高の仕訳を作成します。

※この操作を行う前に、「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」を行うことをお勧めします。

 

a:画面右上の[仕訳作成]ボタンをクリックします。

image005.jpg

 

b:〔家事消費の仕訳を作成する〕、〔事業消費の仕訳を作成する〕にチェックを付け、[作成開始]ボタンをクリックします。

image006.gif

 

c:[OK]ボタンをクリックすると、仕訳作成が開始されます。

image007.gif

 

d:下記のメッセージが表示されましたら、仕訳の作成は完了です。

[OK]ボタンをクリックし、「棚卸資産」画面は、画面右上の[終了]で閉じてください。

image008.jpg

 

5.「申告」→「決算書」→「青色申告決算書印刷」をクリックします。

[プレビュー]ボタンをクリックし、「家事消費・事業消費金額」欄に手順3.で入力した合計金額が入っていることをご確認ください。

image009.jpg

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています