ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.新たに電子帳簿保存法に対応されるお客様へ

 

 

2024年4月リリースの販売王22/販売王22 販売・仕入・在庫 令和6年電子帳簿保存法対応版では、販売王からPDFファイルで出力した請求書等を「電子帳簿保存BOX」へ自動保存できる様になりました。電子帳簿保存BOXに保存することで電子帳簿保存法に対応できます。

 

 

■電子帳簿保存法-電子取引データ保存について

 

【電子取引データ保存(電子帳簿保存法第7条)2024年1月1日より義務化】


2024年1月1日より、電子帳簿保存法の『電子取引データ保存』が義務化されました。

電子で届いた(または発行した)請求書類等は紙に印刷して保存することは認められません。

電子でやり取りした請求書類等は、電子帳簿保存法の要件に則って電子で保存する必要があります。

一定の要件(※)を満たしたうえで、電子データで受け取った請求書・領収書などの証憑を、電子データのままで保管します。

 

(※)一定の要件とは、改ざん防止の為の事務処理規程の整備、日付、金額、取引先によるデータ検索ができる、等。電子帳簿保存法の詳細につきましては、国税庁のホームページをご参照ください。

 

【販売王で作成した納品書や請求書等で電子取引データに該当するものは?】

 

販売王で作成した納品書や請求書等の証憑をPDFファイルにてメール等で取引先へ送信している場合は、電子取引データに該当します。

電子取引データ保存「電子帳簿保存法第7条」に則って、電子データのまま証憑を保存する必要があります。(義務化)

以下ご案内する操作で保存していただくことで安心です。

 

※納品書や請求書等の証憑を紙で送付している場合は、電子取引データには該当しません。

 

■販売王での電子帳簿保存対応版設定方法

【事前準備】

 

<STEP1:電子帳簿保存法対応版プログラムをインストールします>

 

[ダウンロード版]

こちらの方法にてインストールをします。

 

●製品起動時のオンラインアップデートでは令和6年電子帳簿保存法対応版はインストールされませんのでご注意ください。

 

●ピア・ツー・ピア環境等で販売王を複数台のパソコンで利用されている場合は、ホスト(サーバー)パソコンからクライアントパソコンの順に、必ずすべての販売王で「販売王22販売・仕入・在庫 令和6年電子帳簿保存法対応版」のインストールを行ってください。

 

バリューサポートご加入中のお客様には4月20日以降に順次CD-ROMをお送りいたします。

CD-ROMの中には上記[ダウンロード版]と同じプログラムが入っています。

 

<STEP2:電子帳簿保存BOXの登録を行います>

 

電子帳簿保存BOXをご利用いただくにはあらかじめ安心データバンクのご登録が必要です。

まだ安心データバンクの利用者登録を行っていない場合は、こちらの方法で登録を行ってください。

 

 

<STEP3:電子帳簿保存BOXで事業所の登録を行います>

 

1.ダイレクトメニュー上部にある電子帳簿保存BOXをクリックします。

 

2.ログイン画面が表示されますので、STEP2で登録した「シリアルNo」と「パスワード」を入力し、[ログイン]をクリックします。

 

3.以下のメッセージでは[OK]をクリックします。

 

4.事業所名を全角40文字以内で入力し、右の[+]をクリックします。

 

上記操作で事業所の登録は完了です。

 

 

<STEP4:事務処理規程を作成します>

 

電子帳簿保存法の「電子取引データ保存」に対応するには事務処理規程の作成が必要です。 

事務処理規程の記載方法については以下の内容をご参照いただくことで簡単に作成できます。

なお、「事務処理規程」は申請書類ではないため、税務署や国税庁等に提出する必要はございません

 

電子取引データ訂正及び削除の防止に関する事務処理規程(法人用)の記載方法について

電子取引データ訂正及び削除の防止に関する事務処理規程(個人事業者用)の記載方法について

 

 

 

上記設定が完了すれば、準備完了です!

続いて、電子帳簿保存法に対応するために、販売王の設定を行います。

 

 

【請求書等の証憑を電子帳簿保存BOXに自動保存する設定を行います】

 

電子帳簿保存BOXに保存するだけで、電子帳簿保存法に対応できます。

納品書や請求書等の証憑を電子データ(PDFファイル)で出力している場合は、

『「電子帳簿保存BOX」にも保存する』にチェックを入れて電子帳簿保存BOXに自動保存されるようにしましょう。

 

※「請求締切」、「売上入力」、「納品請求書」から出力する証憑に対応しています。

 以下「請求締切」画面での操作をご案内します。

「売上入力」、「納品請求書」でも同様の操作が可能です。

 

<操作方法>

 

1.「販売業務」-「請求締切」から印刷画面を開きます。「印刷様式」を選択し、[電子帳票(PDF)]ボタンをクリックします。

 

※専用帳票(【SRXXX】と付く帳票)は、「電子帳簿保存BOX」への自動保存には対応していません。

 例:〇 明細請求書

   ✕ 明細請求書【SR340】

 

2.「電子帳票(PDF)出力」画面が開きます。

・「得意先ごとに出力する」にチェックを入れます。

 

他「出力先」や「出力後の動作」等必要な項目を設定します。

※「電子帳票(PDF)出力」内の詳しい設定方法につきましてはこちらをご参照ください。

 

3.『「電子帳簿保存BOX」にも保存する』にチェックを入れます。

以下のメッセージが表示されたら「OK」ボタンをクリックします。

 

4. [電子帳票(PDF)の出力]ボタンをクリックします。

 

5.「ソリマチ安心データバンク-ログイン」画面が表示されますので、シリアルナンバーとパスワードを入力し、ログインしてください。

 

6.最初にご利用する際は「格納先選択」画面が表示されますので、保存したい事業所名の選択欄にチェックをいれ「OK」ボタンをクリックします。

※事業所は後から変更できませんのでご注意ください。次回からは表示されません。

 

7.次のメッセージが表示されます。選択中の事業所でよろしければ、[はい]をクリックします。

 

8.次のメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。

 

 

 

上記操作で保存が完了です。

今後は、「電子帳票(PDF)」で出力する都度、自動的に「電子帳簿保存BOX]に同じファイルが保存されます。

 

 

 

【電子帳簿保存BOXに保存されていることを確認します】

 

1.販売王のダイレクトメニュー上部にある「電子帳簿保存BOX」をクリックします。 

 

2.電子帳簿保存BOXが起動したら、「事業所」を選択し、「請求書(販)」というフォルダーを開きます。

※「請求書(販)」フォルダーは自動作成されます。

 

3.証憑を保存した日時のフォルダー内に、販売王から出力した請求書等のPDFファイルが保存されています。

 

日付、取引先、金額等の登録情報も自動登録されていることが確認できます。

 

以上で操作は完了です!

 

 

【その他の機能も追加されました

 

販売王22/販売王22 販売・仕入・在庫では、令和6年電子帳簿保存法対応版では

お客様からのご要望に対応した以下の機能も追加しました!

 

・仕入集計表にて、課税事業者/免税事業者別の集計に対応しました!

詳しい内容につきましてはこちらをご参照ください。


・売上集計表、仕入集計表にて、税率別本体金額/消費税額集計の集計に対応しました!

詳しい内容につきましてはこちらをご参照ください。

 

・インボイス制度に対応した仕入明細書を印刷できるようになりました!

詳しい内容につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています