ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「消費税の免税期間の取引日で消費税計算の対象になる仕訳を登録しようとしています」と表示された場合

対象製品
農業簿記12

 

 

各帳簿画面で仕訳を入力した際や、「青色申告決算書入力」「青色申告決算書印刷」「家事関連費按分表」などを開こうとした際に下記のような確認メッセージ(ID:104004、107007、107058)が表示される場合があります。

 

【帳簿入力画面】

image001.jpg

 

【青色申告決算書入力画面】

image002.jpg

 

 

このメッセージは免税期間中の仕訳に「外税」「内税」「別途入力」が使われている場合、または「仮受消費税」「仮払消費税」の勘定科目を使っている場合に表示されます。

 

農業簿記の消費税の集計機能では税抜経理と判断されるため、決算書は税抜きの金額で表示されます。

そのため期中に免税から課税に変更になった際には消費税処理方法を「税計算なし/税込」に変更する必要があります。

 

 

<操作手順>

 

1.「初期」→「基本」→「消費税情報設定」を開きます。

 

2.「消費処理方法」を「外税」「内税」「別途入力」から「税計算なし/税込」に変更し、[設定]をクリックします。

image003.gif

 

消費税処理方法を「税計算なし/税込」に変更する操作は以上で終了です。

すでに仕訳を入力されている方は引き続き手順3からの操作をお願いいたします。

 

※手順3の作業を行う前に、必ず「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」より、データのバックアップをお取りください。

 

3.「日常」→「帳簿」→「仕訳日記帳」を開きます。

 

4.画面右上の[置換]ボタンをクリックします。

image004.jpg

 

5.「確認」画面が表示されましたら、[OK]ボタンをクリックします。

※データのバックアップがまだ済んでいない場合は[キャンセル]ボタンをクリックし、

「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」にて、バックアップを行ってください。

image005.jpg

 

6.置換条件を下図のように設定し、[開始]をクリックします。

※例では「内税」で処理されていた場合

image006.jpg

 

7.下図の確認のメッセージが表示されましたら[この仕訳、及び以降の置換候補の伝票を全て一括置換する]をクリックします。

image007.jpg

 

8.確認の画面が出ますので[OK]をクリックしてください。

image008.jpg

 

9.下図の確認メッセージは[OK]をクリックして、一括変更は終了です。

image009.jpg

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています