ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.Windows Update後に製品が起動できなくなった場合の対処方法

対象製品
給料王18以降

Windows Updateを行なった後に、以下のようなメッセージが表示され、弊社製品を起動できなくなる場合がございます。

※「XXXXXX」には起動しようとした製品の名称が入ります。

 

原因はWindows Updateにより、製品の起動に必要な「.NET Framework 3.5」というプログラムが削除されてしまうためです。

その場合は、以下の対処方法に従い、再度「.NET Framework 3.5」をインストールすることで改善がされます。

 

A.表示されたメッセージからインストールを行なう場合 ※インターネット環境が必要です。

B.手動でインストール画面を呼び出してからインストールを行なう場合 ※インターネット環境が必要です。

C.製品のCD-ROMを使ってインストールする場合 ※19シリーズ以降では行えません。

 

 

A.表示されたメッセージからインストールを行なう場合 ※インターネット環境が必要です。

 

最初のエラーメッセージで[はい]をクリックした後、またはパソコンの起動時に以下の画面が表示された場合は、「この機能をダウンロードしてインストールする」をクリックします。

インストール完了後、製品の起動をお試しください。

 

B.手動でインストール画面を呼び出してからインストールを行なう場合 ※インターネット環境が必要です。

 

1.コントロールパネルを開きます。

(ア)Windows10/8.1/8(8は18シリーズ以前のみ)の場合。

 Windowsの「スタート」ボタンの上で右クリックし、「コントロールパネル」を開きます。

image003.jpg

※Windows10において、右クリックしても「コントロールパネル」の表示が出ない場合には、「スタート」→アプリの一覧から「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリックします。

image004.jpg

(イ)OSがWindows7/Vista の場合

Windowsの「スタート」→「コントロールパネル」を開きます。

image005.jpg

2.画面右上の「表示方法」を「カテゴリ」とします。

 

3.[プログラムのアンインストール]をクリックします。

※以下の画面は例としてOSがWindows10の画面になります。

image006.jpg

 

4.パソコンにインストールされているプログラムの一覧が表示されます。

(プログラムの一覧が表示されず、「プログラムと機能」が表示された場合には、「プログラムと機能」をクリックします。)

 

5.画面左の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックし、「Windowsの機能の有効化または無効化」を開きます。

image005.jpg

 

6.「.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0を含む)」をクリックしてチェックを入れ、[OK]をクリックします。

image006.gif

7.しばらくすると、以下の画面が表示されますので、「Windows Updateからファイルをダウンロードする」をクリックします。

image007.jpg

8.以下のメッセージが表示されましたら[閉じる]をクリックし、その後製品の起動をお試しください。

image008.jpg

 

C.製品のCD-ROMを使ってインストールする場合

※19シリーズ以降では行なえません。

 

1.製品のCD-ROMをパソコンにセットします。

 

2.CDドライブからCD-ROMを開きます。

※インストールが始まった場合は、[キャンセル]ボタンをクリックします。

 

(ア)「DVD RW ドライブ (D:) タップして、このディスクに対して行う操作を選んでください。」が表示されましたら、メッセージをクリックします(Windows 10 / 8.1 / 8の場合)。

※このメッセージは数秒で消えます。消えた場合は再度CD-ROMを出し入れしてください。

※「DVD RW」部分や、「(D:)」部分や、「XXX」部分はパソコンによって表示が異なります。

※Windows 7 / Vistaの場合は、すぐに(イ)の画面が表示されます。

image009.jpg 

(イ)「自動再生」画面が表示されましたら「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

※表示された以下のアイコンは、製品により異なる場合があります。

 <Windows 10 / 8.1 / 8の場合>

image010.jpg

<Windows 7 / Vistaの場合>

image011.jpg

3.CDの中身が表示されますので、「Maintenance」-「dotnetfx」-「351」を開きます。

 

4.フォルダー内の『dotnetfx35.exe』をダブルクリックして、インストールを行ないます。

 

5.続けて以下のファイルをインストールします。OSが32bitと64bitで使用するファイルが異なります。ご使用のパソコンのOSに該当する方をご利用ください。
32bit → dotnetfx35langpack_x86ja.exe
64bit → dotnetfx35langpack_x64ja.exe

6.インストール完了後、製品の起動をお試しください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています