ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.各科目の残高が合わない場合はこちらをご覧ください

対象製品
会計王22以降
みんなの青色申告22以降
会計王22PRO以降
会計王22NPO法人スタイル以降
MA1

 

 

勘定科目の残高が合わない場合、金額が合わない原因をお調べいただき、

下記の操作をお試しください。

 

 

 

<確認方法>

 

A:「集計」→「合計残高試算表」にて、繰越・借方残高・貸方残高・残高の金額を確認します。

B:「導入」→「開始残高設定」にて、期首残高(繰越額)を確認します。

C:「帳簿」→「元帳」より、入力している仕訳を確認します。

 

 

 

詳細については以下をご参照ください。

 

 

※念のため、下記の操作の前に「ファイル」→「データバックアップ」よりデータのバックアップ

を行ってください。

 

データのバックアップの操作についてはこちらをご参照ください。

 

 

 

A:「集計」→「合計残高試算表」にて、繰越・借方残高・貸方残高・残高の金額を確認します。

 

1.「集計」→「合計残高試算表」を開きます。

 

 

2.画面左上の「集計期間」の月指定ボックスは、[全期間]ボタンをクリックして集計します。

 

 

3.残高が合わない科目の「繰越」~「残高」に集計された金額をご確認ください。

 

「繰越」欄が正しくない場合は、期首残高を確認します。下記手順Bにお進みください。

 

「借方金額」・「貸方金額」・「残高」のいずれかの金額が正しくない場合は、ご入力された仕訳を確認します。下記手順Cにお進みください。

 

 

 

B:「導入」→「開始残高設定」にて、期首残高(繰越額)を確認します。

 

1.「導入」→「開始残高設定」を開きます。

 

 

2.残高が合わない科目の「借方 開始残高」または「貸方 開始残高」を確認し、必要な場合は修正します。※補助科目を設定している場合は、補助科目ごとの開始残高を修正します。

 

※部門管理している場合は、画面上「部門残高」ボタンをクリック(または、「科目名」右側の「部」をクリック)して、「部門残高」画面より開始残高を修正します。

 

 

3.開始残高の修正処理が終了しましたら、画面中央下の「貸借差額」を確認し、

貸借差額が0円になっていることを確認の上、画面右上の[終了]ボタンをクリックし、「開始残高設定」画面を終了してください。

 

 

 

 

 

 

 C:「帳簿」→「元帳」より、入力している仕訳を確認します。

 

「帳簿」→「元帳」画面よりご入力された仕訳をご確認ください。

 

1.「帳簿」→「元帳」を開きます。

 

 

2.画面左上「科目」を選択します。

 ※補助科目を設定している場合は、「補助」欄に補助科目も選択してください。

 

 

3.画面下の月タブより、集計する月をクリックして選択します。

 

(ア)1ヶ月のみ集計する場合

集計したい月をクリックします。

 

(例)4月分の仕訳のみ集計する場合

image007.jpg

 

 

(イ)複数月を集計する場合

集計期間をドラッグして選択します。

 

(例)4月~6月の仕訳を集計する場合(集計期間をドラッグして選択します。)

image008.gif

 

 

(ウ)全期間を集計する場合 

画面左下の[全表示]ボタンをクリックします。

image009.jpg

 

 

4.該当の科目の仕訳が画面に表示されますので、内容をご確認いただき、必要に応じて仕訳の修正または追加を行ってください。

 

※具体的な使用科目や仕訳につきまして、管轄の税務署や税務相談窓口、税理士様・会計士様へご確認ください。

image010.jpg

 

 

5.すべての仕訳の確認を行ってください。修正や追加の操作完了後、画面右上の[終了]ボタンをクリックして画面を終了します。

 

 

 

勘定科目別の対処方法は以下をご参照ください。

 

 

・現金の残高が合わない

 

・預金の残高が合わない

 

・固定資産の残高が合わない

 

売掛金/買掛金の残高が合わない

 

・借入金の残高が合わない

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています