ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「借方・貸方の両方に税区分が設定されています。」のメッセージが表示される場合の対処法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

 

会計王仕訳データ作成で仕訳を転送する際に、「借方・貸方の両方に税区分が設定されています。」のメッセージが表示される場合は、科目が正しく設定されていないことが原因です。

 

「税区分」とは会計王側で設定されている、消費税を集計する区分のことです。

 

例えば以下の仕訳のように、貸借それぞれ消費税が発生する科目を指定した場合、会計王側では登録できないためエラーが発生します。(「売上高」も「仕入高」もそれぞれ消費税が発生する科目です。)

(借方)仕入高 / (貸方)売上高

 

以下の操作方法により科目の設定を見直し、再度仕訳転送をお試しください。

 

1.販売王を起動し、ダイレクトメニューより「ツール」-「会計王仕訳データ作成」を開きます。

 

2.「掛売」タブをクリックし、借方科目と貸方科目の設定を確認します。

下図の場合、明細区分「売上」の設定が「借方科目=仕入高」、「貸方科目=売上高」となっていますので、こちらを修正します。

 

3.誤った設定がされている部分(こちらの例の場合は明細区分「売上」の「借方科目」の「仕入高」)をダブルクリックします。

 

4.「会計王科目の検索:絞込み」画面が表示されますので、正しい科目をダブルクリックします。

 

 

5.以下のように科目が修正されました。

 

6.同様に「小売」~「支払」タブの内容にも誤りがないか確認してください。

 

※「掛仕入」「現金仕入」「支払」タブが表示されるのは、販売・仕入・在庫のみです。

 

7.確認及び修正が終わりましたら [実行] ボタンをクリックし、再度仕訳転送をお試しください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています