ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.2つのデータの仕訳を1つのデータにまとめる方法

対象製品
会計王18NPO法人スタイル以降

 

2つの会計データの仕訳を1つの会計データに仕訳を合算するには、会計王NPO法人スタイルの「仕訳データ合算」機能より合算処理を行います。

 

※※ご注意ください※※

・会計基準が異なるデータの仕訳を合算することはできません。

・合算元と合算先のデータにおいて、科目や部門体系が一致していないとこの処理は行えません。

また、仕訳以外は合算されません。

・合算元・合算先ともに同日同仕訳がある場合は、合算することにより仕訳が二重になります。

その場合、合算作業の前に合算元・合算先データいずれかのデータにて該当する伝票の削除を行ってから操作をしてください。

 

<操作手順>

 

例:データ選択内にある『特定非営利活動法人 そりまちケアサポート(データB)』の仕訳を、現在選択中の『特定非営利活動法人 そりまちケアサポート(データA)』に合算したい場合

1.合算元(データB)および合算先(データA)のバックアップをそれぞれ外部メディア(MOディスク・USBメモリ・CD-R/RW等)に取ります。

2.「ファイル」→「データ選択」を開きます。

合算先(例ではデータA)のデータが選択されていること(ファイルマークが赤線で囲まれていること)を確認し、[閉じる]でこの画面を閉じます。

 

※例では、データの見分けがつきやすいよう、「備考」の欄にそれぞれ「データA」「データB」と入力しています。「備考」は「導入」→「事業所・消費税情報設定」から入力することができます。

※他のデータが選択されている場合は、合算先となるデータをクリックして青く反転させ、[選択]ボタンをクリックしてデータを切り替えてください。

 

3.「ツール」→「仕訳データ合算」を開きます。

4.「合算相手」に合算元データ(例ではデータB)を選択し、「現在のデータ」に合算先データ(例ではデータA)が表示されていることを確認します。

 

5.合算期間等を確認し[OK]ボタンをクリックしてください。

 

6.下の画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

 

7.合算処理が完了しますと、下の画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックしてください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています