ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.税法上の収益事業がある場合のデータ作成方法

対象製品
会計王18NPO法人スタイル以降

 

会計王NPO 法人スタイルでは、1つのデータで〔NPO法の区分経理用〕と〔法人税法の区分経理用〕の決算書をそれぞれ作成する場合、下記のような方法で部門やグループで分けていただくことで出力が可能となります。

 

<操作手順>

 

1.部門の設定方法

 

〔NPO法の区分経理用〕のデータを作成する場合の部門設定に関しましては、2階層で〔特定非営利事業〕と〔その他の事業〕を上位部門で設定し、更に〔特定非営利事業〕と〔その他の事業〕のそれぞれの下位部門として『(法人税法上)収益以外の事業』と『(法人税法上)収益事業』を作成します。

 

 

「導入」→「部門設定」では下記のように部門を設定します。

 

2.所轄庁に提出する決算書の出力方法

 

〔NPO法の区分経理用〕の決算書は上位部門の〔特定非営利事業〕と〔その他の事業〕をそれぞれ選択して出力します。

 

 

「決算」→「決算書」にて「部門」で「特定非営利事業」を選択して決算書を出力後、再度「部門」で「その他事業」を選択しそれぞれの事業で決算書を出力します。

 

 

3.税務署に提出する決算書の出力方法

 

〔法人税法の区分経理用〕の決算書は、上記部門設定の〔特定非営利事業〕と〔その他の事業〕内にある『(法人税法上)収益事業』を「収益事業グループ」として登録し、この収益事業グループを選択して出力します。

 

 

上図の「収益事業」の決算書を印刷する場合は、下の操作をお試しください。

 

(ア)「導入」→「部門設定」を開き、画面左上の[グループ]ボタンをクリックし「収益事業グループ」を作成します。

 

(イ)下記例では特定非営利事業の「102収益事業」をクリックして黒枠で囲み、画面上部の[移動]をクリックします。

 

(ウ)「収益事業グループ」をクリックして黒枠で囲み、画面上部の[貼り付け]をクリックします。

 

(エ)下記メッセージが表示されますので[OK]をクリックします。

 

 

(オ)「収益事業グループ」の配下に「102収益事業」が追加されます。

 

(カ)同様にその他の事業の中の「202収益事業」も(イ)~(エ)の手順で「収益事業グループ」内に追加しますと、下記のようになります。

 

(キ)「決算」→「決算書」にて「部門」で「収益事業グループ」を選択して決算書を出力します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています