ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.旧会計基準のデータで決算書を事業別に出力する方法

対象製品
会計王18NPO法人スタイル以降

 

決算書を事業別に出力するには「導入」→「部門設定」で事業別に部門を設定し、仕訳入力時も各部門を選択していることが条件となります。

 

<操作手順>

 

1.「決算」→「決算書」を開きます。

 

2.「部門設定」で事業別に設定した部門に切り替え、[集計開始]ボタンをクリックします。

 

(ア)「共通部門配分」・・・入力した仕訳伝票の部門欄にて「全事業所(共通)」と設定した勘定科目の金額を、「導入」→「共通部門の配分」で設定した配分率に応じて各部門に振り分けて決算書を出力することができます。

 

(イ)「税込集計」・・・税込の決算書を作成する場合にチェックをつけます(「導入」→「事業所・消費税情報設定」の消費税処理方法にて「内税」または「外税」を採用している場合のみ)。

 

3.決算書の表紙に印刷される内容を設定し、[次へ]ボタンをクリックします。

※会計期間、決算期、事業所名は、「導入」→「事業所・消費税情報設定」で設定されている内容が初期表示されます。こちらの情報を変更しても「事業所・消費税情報設定」には影響しません。

例:部門[特定非営利事業]を選択した場合

 

4.どの帳票を印刷するかなどを設定します。ここで各帳票のタイトルを編集することができます。設定ができましたら[印刷]ボタンをクリックします。

 

5.[印刷]ボタンをクリックすると、2.で選択した部門の決算書を出力することができます。

 

※複数の部門を一括で印刷することはできません。その都度部門を切り替えて、印刷してください。

 

(ア)〔全事業所〕を指定した場合

部門に関係なく、全社(上記では「共通部門」「非営利事業」「収益事業」)の集計金額を印刷します。

 

(イ)部門名を指定した場合

それぞれ選択した部門の集計金額を印刷します。

なお、「導入」→「部門設定」にて複数の階層の設定をしている場合は、各階層単位、その配下の部門単位それぞれの決算書印刷が可能です。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています