ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.源泉徴収票の摘要欄に前職分の情報を反映させる方法

対象製品
給料王18以降

 

「年調データ入力」画面上部にある[摘要取込]ボタンをクリックし、「前職情報取込」を選択すると、前職分の情報を取り込みすることができます。

ただし、摘要取込を行いますと、『源泉徴収票の摘要欄』に事前に入力していた内容は上書きで削除されますのでご注意ください。

 

<操作手順>

 

A.前職分の情報として取り込みされる内容

1.「年調データ入力」画面の「前職等」欄に入力された、前職分の課税支給額・社保料控除・源泉徴収税額

 

2.「労務管理」タブ→「人事」→「社員履歴設定」の「職歴」で入力された、前職分の会社名・会社住所・退職日

 

B.前職分の情報を取り込みする方法

1.「年調」→「年調データ入力」画面上の[摘要取込]ボタンをクリックします。

 

2.「取込対象選択」画面が表示されます。

  以下の(ア)、(イ)の箇所の設定を行い、[取込]ボタンをクリックします。

 

(ア)前職分の情報を取り込む対象を選択します。

 a:未確定の社員・・・「年調データ入力」画面の社員リストに表示されている社員のうち、まだ確定処理をしていない社員のみ情報を取り込みます。

 

b:確定済の社員・・・「年調データ入力」画面の社員リストに表示されている社員のうち、確定済みの社員のみ情報を取り込みます。

 

c:選択中の社員・・・「年調データ入力」画面で選択中の1社員のみ情報を取り込みます。

 

(イ)取込内容を選択します。『前職情報取込』にチェックマークが入っている状態で取り込みを行うと、上記のAの内容を、源泉徴収票の摘要欄に反映させることができます。

 

3.既に『源泉徴収票の摘要欄』に入力されておりますと、確認メッセージが表示されます。上書きで取込を行う場合は、[はい]ボタンをクリックします。

 

4.『源泉徴収票の摘要欄』に、上記のAの内容が反映されます。

image005.jpg

 

5.源泉徴収票を印刷すると、『源泉徴収票の摘要欄』に取込した内容が印字されます。

image006.jpg

※『源泉徴収票の摘要欄』に前職分以外の内容も同時に取り込みする場合、文字数の問題で全て取込されない場合がございます。この場合は、摘要取込を行った後で、『源泉徴収票の摘要欄』の内容を直接手入力にて修正します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています