ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.計算処理について

対象製品
給料王18以降

 

「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」画面には、[計算処理]ボタンがあり、画面に表示されている社員の給与計算を一括で行ったり、前月給与データから計算をかけることが出来ます。

 

※既に「給与データ入力」画面でロック状態の社員や、年末調整が確定されている社員については、計算処理が行われません。(画面右上のロック欄にチェックマークが表示されています。)

image002.gif

 

 

<操作手順>

 

A.「社員情報より計算」を選択した場合

「社員情報より計算する」を選択した場合は、現在設定されている「社員情報設定」の情報を元に給与計算を行います。

給与データ入力画面を開いた後に、「社員情報設定」で手当等金額を修正した場合は、この操作を行うことで、金額が反映されます。

 

例:給与画面を開いた後で、「社員情報設定」の「基本給」の金額を修正した場合

(「設定」→「社員情報設定(個別入力)」の基本給は、「160,000」に修正しましたが、「給与データ入力」画面では、修正前の金額になっています。)

 

1.該当社員をクリックします。

 

2.画面上の[計算処理]ボタンをクリックします。

(ア)計算条件を「社員情報より計算」を選択します。

 

(イ)対象社員は、該当者のみの場合は、「選択中の1社員のみ計算」を、全社員の場合は、「表示されている社員を全て計算」を選択します。

※該当社員の画面右上の表示が[自動計算へ]となっている場合は、「手入力の社員も計算する」にチェックマークを入れないと、反映されません。

image007.jpg

 

3.[設定]ボタンをクリックします。

 

4.「社員情報設定」にて修正した金額が反映されます。

※但し、給与データ入力画面で直接入力された金額も、「社員情報設定」の情報に戻りますので、必ず金額を見直してください。

 

 

B.「前月データより計算」を選択した場合

「前月データより計算」を選択した場合は、前月給与データを元に、給与計算を行います。

※但し、全ての数値がコピーされるわけではありません。コピーされる項目につきまして、以下の内容となります。

 

前月の「給与データ入力」画面が手入力状態の場合にコピーする項目

「社員情報設定」で手入力の設定になっている場合にコピーする項目

『支給項目』

・普通残業

・深夜残業

・休出残業

・休出深夜 

・法休残業

  ・法休深夜

  ・法内残業

  ・欠勤控除

  ・遅早控除

 

『控除項目』

・雇用保険 ※

  ・所得税 ※

『支給項目』

・課税/非課税食事代

・課税/非課税宿直

・課税/非課税通勤費

 

『控除項目』

・健康保険

・介護保険

・厚生年金

・厚生基金

 

 

 

 

※「雇用保険」「所得税」は「社員情報設定」で「手入力時自動計算」にチェックマークが付いていない場合にコピーされます。

 

例:前月データから、勤怠の情報、支給の情報、控除の情報を引き継ぐ場合

(「健康保険」の金額を等級によらず毎月一定額を引き継ぐため、「設定」→「社員情報設定」では、「保険料の【手入力】」にチェックマークが入っています。)

 

1.該当社員をクリックします。

 

2.画面上の[計算処理]ボタンをクリックします。

(ア)計算条件を「前月データより計算」とします。

 

(イ)対象社員は、該当者のみの場合は、「選択中の1社員のみ計算」を、全社員の場合は、「表示されている社員を全て計算」を選択します。

 

(ウ)勤怠項目も引き継ぐ場合は、「変動項目も計算する」にチェックマークを入れます。

 

3.[設定]ボタンをクリックします。

 

4.前月給与データの金額が、今月給与データに反映されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています