ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.SQLServer2005 ExpressからSQLServer2008R2 Expressへ変更する方法

対象製品
給料王18以降

 

2016年4月12日にSQLServer2005シリーズのサポートが終了することに伴い、新しいSQLServer環境へ移行されることをお勧めいたします。

ここでは、給料王で使用しているデータベースエンジンを、SQLServer2005 ExpressからSQLServer2008R2 Expressへの移行方法についてご案内いたします。

  

<事前準備>

1.製品を起動します。

 

2.ダイレクトメニューが表示されましたら、画面下部に表示されているSQLServerのバージョンを確認します。

表示が「Microsoft SQL Server 2005」となっている場合は、以下の手順A~Fを行い、使用するSQLServerを変更してください。

※SQLServerのバージョンが「2008」、「2012」、「2014」となっている場合は、本操作を行なう必要はございません。引き続きご利用ください。

 

A.製品を起動してバックアップを行ないます

B.既存のデータベースを削除します

C.給料王をアンインストールします

D.SQLServer2008R2 Expressのインストールを行ないます

E.給料王をインストールします

F.バックアップデータを復元します

  

<操作手順>

※1 操作手順図にある「DVDドライブ(*:)」の「*」は、お使いのパソコンのDVDドライブのアルファベットが表示されます。

例:DVDドライブ(D:)等

 

※2 操作手順図にある「給料王XX」の「XX」は、お使いの給料王のバージョンが表示されます。

例:給料王18 等

  

A.製品を起動してバックアップを行ないます

 

1.製品を起動し、給料王の画面下部に記載されている現在接続中のサーバー名を確認して、メモに控えます。

 

2.「ファイル」→「データバックアップ」を開きます。

下記の確認画面が表示されましたら[OK]ボタンをクリックします。

 

3.データバックアップは「対象データベース」に表示されている全てのデータが一括で保存されます。

 

4.[参照]ボタンをクリックします。

(例:USBメモリにバックアップする場合の操作手順をご説明します。)

 

 

5.USBドライブ(リムーバブルディスク)を選択します。

 

6.ファイル名に「給料王(バックアップしたシステム日付)」が入りますので、[保存]ボタンをクリックします。

 

 

7.バックアップ先がリムーバブルディスクになっていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。

 

(ア)ネットワーク上の「安心データバンク」に保存する場合は、「バックアップデータを「ソリマチ安心データバンク」にも保存する」にチェックマークを入れます。

 

(イ)「パスワード設定」画面が表示されましたら、セキュリティを強化する場合は『パスワード』欄に入力し、[OK]ボタンをクリックします。

※パスワードを設定する場合は、データ復元時に必要となりますので、入力したパスワードを必ずメモ等に控えてください。

パスワードの設定をしなくても、バックアップは行う事が可能です。

 

(ウ)「パスワードを確認しながら入力する」の□にチェックマークを入れた場合は、入力したパスワードを確認しながら入力が可能です。(例:パスワードを『1234』にした場合)

 

(エ)セキュリティを強化しない場合は、『パスワード』欄は空欄の状態で[OK]ボタンをクリックします。

 

 

8.バックアップが正常に終了しますと、下記画面が表示されますので[OK]ボタンをクリックします。

 

 

B.既存のデータベースを削除します

※ 作業の前に手順Aで保存したバックアップがあることを確認してください。

※ 製品は終了した状態で行なってください。

 

1.デスクトップ上の給料王XXのアイコンを右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリックします。

 

 

※OSがXPの場合には、デスクトップ上の給料王XXのアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。プロパティ画面で「ショートカット」タブをクリックし、[リンク先を探す]ボタンをクリックします。

 

 

2.インストール先フォルダが開きます。この中にある「DropDatabase.exe」をダブルクリックします。        

※お使いのパソコンの設定により、拡張子の「.exe」が表示されない場合がございます。

 

3.「データベース削除」画面が開き、SQLサーバー名が表示されます。

手順A-1で控えた「SQLサーバー名」を選択し、[実行]ボタンをクリックします。

 

5.本製品で使用したデータベース一覧が表示されましたら[OK]ボタンをクリックします。

 

4.「データベース削除処理が正常終了しました。」と表示されましたら[OK]ボタンをクリックします。

 

 

C.給料王をアンインストールします

 

1.給料王が終了している状態で、「コントロールパネル」よりインストールされているプログラムのリスト画面を開きます。

 

(ア)OSがWindows10/8.1/8 の場合

a.Windowsの「スタート」ボタンの上で右クリックし、「コントロールパネル」を開きます。

b.表示された画面より「プログラムのアンインストール」または「プログラムと機能」をクリックします。

 

(イ)OSがWindows7/Vista の場合

a.Windowsの「スタート」→「コントロールパネル」を開きます。

b.表示された画面より「プログラムのアンインストール」または「プログラムと機能」をクリックします。

 

(ウ)OSがWindowsXP の場合

a.Windowsの「スタート」→「コントロールパネル」を開きます。

b.表示された画面より「プログラムの追加と削除」をクリックします。

 

2.次のメッセージが表示された場合は、[いいえ]ボタンをクリックし、3番の操作を行います。

 

3.「プログラムの保守」画面が表示されましたら「削除」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

 

4.確認メッセージが表示されます。アンインストールする場合は[OK]をクリックします。

 

5.アンインストール中は以下のような画面が表示されます。このまましばらくお待ちください。

 

6.「給料王のメンテナンスを完了しました。」と表示されます。[完了]ボタンをクリックし、アンインストール処理を終了します。

 

 

D.SQLServer2008R2 Expressのインストールを行ないます

 

1.製品のCDをパソコンにセットし、給料王のCDの中身を開きます。

お使いのWindowsのOSの操作手順をご確認ください。

※なお、キーボードの「Windowsキー」+「Eキー」を押して、CDドライブを右クリック→「開く」を選択した場合でも、CDの中身を開くことが可能です。

 

(ア)Windows10/8.1/8の場合

a:以下のメッセージが表示されますのでクリックします。

b:続いて以下の画面が表示されますので「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

 

(イ)WindowsVista/7の場合

「自動再生」画面が表示されますので「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

 

 

(ウ)WindowsXPの場合

a:インストールの準備をしています・・・という確認メッセージが表示されますので

[キャンセル]ボタンをクリックします。

b:Windowsの「スタート」ボタン→「マイコンピュータ」を開きます。

 

c:CDドライブに給料王のアイコンが表示されますので、アイコンの上で右クリックし、[開く]を選択してCDの中身を開きます。

 

2.CDの中のフォルダーで「Maintenance」→「Rescue」を開き、「Rescue.exe」を実行します(環境によっては「.exe」が表示されない場合があります)。

 

3.以下の画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

 

4.「インスタンス名」は初期値の『SORIMACHI2008』(※半角)と表示されていることをご確認いただき、[インストール]ボタンをクリックします。

 

<SQLServer2008R2 Expressのインストールに失敗する場合>

上記の方法でインストールに失敗する場合は、こちらの「Q.Server 2008 R2 Express Editionを手動でインストールする方法」をお試しください。

その方法でもインストールに失敗する場合は、お手数ですが弊社サポートセンターまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

なお、お電話いただいた際に、担当者がお問い合わせの内容をお伺いします。

あらかじめ、インストールに失敗した際に表示されていた画面情報やエラーメッセージをメモなどにまとめておいていただきますと、スムーズにお問い合わせいただくことができます

  

E.給料王をインストールします

 

1.給料王のインストールCDをパソコンのCDドライブにセットします。

お使いのパソコンのOSにより、動作が異なります。

※なお、以下の画面が表示されない場合、キーボードの「Windowsキー」+「Eキー」を押して、CDドライブを右クリック→「開く」を選択し、CDの中身より「setup.exe(※)」を実行してください。

※お使いのパソコン環境によっては、「.exe」が表示されない場合もございます。

 

(ア)Windows10/8.1/8の場合

a:以下のメッセージが表示されますのでクリックします。

b:続いて以下の画面が表示されますので「setup.exeの実行」をクリックします。

 

(イ)WindowsVista/7の場合

「自動再生」画面が表示されますので「setup.exeの実行」をクリックします。

 

(ウ)WindowsXPの場合

手順4の画面に進みます。

 

2.「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]または[続行]ボタンをクリックします。

 

3.次のメッセージが表示された場合は、[いいえ]ボタンをクリックし、4番の操作を行います。

 

4.しばらくすると以下の画面が表示されますので、[次へ]ボタンをクリックします。

 

 

5.「使用許諾契約」画面が表示されます。内容をご確認いただき、同意した上で[はい]ボタンをクリックします。

 

 

6.「ソリマチ安心データバンク」の利用規約画面が表示された場合は、[次へ]ボタンをクリックします。

 

7.「ユーザー情報」画面にて「シリアル番号」を入力し、[次へ]ボタンをクリックします。

 

 

8.以下の画面はそのまま[次へ]ボタンをクリックします。

 

 

9.設定内容を確認し、[インストール]ボタンをクリックします。

 

 

10.給料王のインストールが始まります。そのまましばらくお待ちください。

 

 

11.以下の画面が表示されたらインストールは完了です。

サーバー名が、「コンピューター名¥SORIMACHI2008」(※半角)と表示されていることを確認し、[完了]ボタンをクリックします。

 

 

12.給料王が起動されます。手順Fへお進みください。

※なお、給料王をインストールしたパソコンに旧製品の給料王がインストールされている場合、以下のメッセージが表示されます。

「データコンバートを行う」のチェックマークを外し、[OK]ボタンをクリックします。

(ア)給料王9以降がインストールされている場合

 

(イ)給料王8以前・労務管理王(または就業人事王)がインストールされている場合

 

 

F.バックアップデータを復元します

 

1.給料王を起動し、下記メッセージが表示されましたら、[はい]ボタンをクリックします。

 

 

2.「データ復元機能で会社データを登録します。」を選択します。

 

※今回はUSBメモリにバックアップしたデータを復元する場合の操作手順をご説明します。

 

3.「復元元」欄より、『パソコン内のファイル』を選択し、ファイル名の[参照]ボタンをクリックします。

 

4.USBドライブ(リムーバブルディスク)を選択します。

 

5.復元したいバックアップファイルをクリックし、[開く]ボタンをクリックします。

 

6.ファイル名を確認後[OK]ボタンをクリックします。

 

 

7.復元処理が完了しますと以下のメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

 

8.給料王が閉じますので、再度給料王を起動して、データをご確認ください。

 

※SQLServer環境移行後にデータ復元も終わり正常にご利用いただけるようになりましたら、今まで利用されていたSQLServer2005 Expressはアンインストールしていただいて構いません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています