ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.ビジネスフォーム集をExcelに出力する方法

対象製品
給料王18以降

 

欠勤届や休暇届など様々な社内文書の参考となる書類を、Excelに出力できます。

 

<操作手順>

 

1.【労務管理】タブ→「人事」→「ビジネスフォーム集」を開きます。

 

2.[分類]欄から該当する手続書類を選択し、[書類]欄から出力したいビジネスフォームを選択すると、画面右側にイメージが表示されます。

 

3.処理モードの「新規作成」を選択し、[Excel起動]ボタンをクリックすると、Excelが自動起動し、2番で選択したビジネスフォームが表示されます。

 

4.出力されたビジネスフォームを任意に修正し、ご利用ください。

  

(ア)新規作成したビジネスフォームを再度開いて編集したい場合

新規作成したビジネスフォームを再度開く場合は、以下の操作を行います。(直接Excelからファイルを指定して開くこともできます。)

 

a:【労務管理】タブ→「人事」→「ビジネスフォーム集」を開きます。

 

b:処理モードの「開く」を選択し、[参照]ボタンをクリックします。

 

c:保存されたフォーム(例:応募受付表00001.xls)を指定し[開く]ボタンをクリックします。

 

 

d:[Excel起動]ボタンをクリックしますと、Excelが自動起動し、選択したビジネスフォームが表示されます。

 

 

e:出力されたビジネスフォームを任意に修正し、ご利用ください。

 

(イ)サンプルを直接編集したい場合

例えば会社名を入力したフォームを毎回使いたいなど、サンプル(元本)自体を編集することができます。

編集するビジネスフォームをサンプル(元本)として保存しますので、次回新規作成の際には、編集したExcelファイルが開きます。

ただし、サンプルを変更して頂いても、画面右側に表示されるイメージは変更されませんのでご注意ください。

 

a:【労務管理】タブ→「人事」→「ビジネスフォーム集」を開きます。

 

b:[分類]欄から該当する手続書類を選択し、[書類]欄からサンプルを修正したいビジネスフォームを選択すると、画面右側にイメージが表示されます。

 

c:処理モードの「サンプルを直接編集」を選択し、[Excel起動]ボタンをクリックします。 

 

d:確認メッセージが表示されますので[はい]をクリックします。

 

 

e:Excelが自動起動し、2番で選択したビジネスフォームが表示されます。

 

f:出力されたビジネスフォームを任意に修正します。修正後は上書き保存を行います。

次回以降、今回作成されたビジネスフォームを新規作成でExcel起動しますと、修正後の内容で起動します。

 

(ウ)ビジネスフォームの保存場所

新規作成で開いたビジネスフォームはマイドキュメントフォルダーに「フォーム名00001~99999.xls」(例:応募受付表00001.xls)で保存されます。

 

a:【Windows10、8.1、8、7、Vistaの場合(OSがCドライブにインストールされている場合)】

C:¥Users¥Public¥Documents¥Sorimachi¥PSLXX¥Business

 

b:【WindowsXPの場合(OSがCドライブにインストールされている場合)】

C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥My Documents¥Sorimachi¥PSLXX¥Business

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています