ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.輸入仕入の計上方法

対象製品
会計王18以降
会計王18NPO法人スタイル以降
会計王18介護事業所スタイル以降
MA1
会計王18PRO以降
みんなの青色申告18以降

 

14シリーズより輸入仕入取引用の税区分(コード:51~68)が新たに追加されました。

 

輸入仕入取引がある場合、下記AもしくはBのいずれかの方法を選択し、ご利用ください。

※なお、輸入仕入取引時の仕訳の詳細については所轄の税務署、またはご担当の税理士先生等にお尋ねくださいますようお願いいたします。

image002.gif

 

 

A.新たに追加された輸入仕入取引用の税区分を使用し、仕訳入力する方法(推奨)

 

1.輸入仕入取引が発生しましたら伝票入力を行います。この際、税区分を「51:輸入仕入(課税売上)本体」で登録します。

 

例:海外より本体価額1,000,000円の商品を輸入仕入し、その料金を現金で支払った。

 

2.輸入貨物引き取りにかかる消費税の伝票を入力する際は、勘定科目「仮払消費税」を利用し、輸入仕入用の税区分を設定します。

 

例:輸入貨物引き取りにかかる消費税80,000円(内訳:国税分 63,000円 地方税分 17,000円)を現金で支払った。

<税抜経理の場合>

 

 

<税込経理の場合>

会計期間内の輸入仕入取引については、上記の方法で伝票入力を行います。

※原則課税を選択している場合のみ、消費税申告書の作成時に輸入消費税に関する集計が行われます。

 

3.「消費税申告王」→「消費税申告書作成」より消費税申告書作成を行う際に、「輸入仕入(課税売上)国税」「輸入仕入地方税」の消費税が自動集計されます。

 

「消費税申告書作成」-[仕入]タブ

 

4.消費税の納税額が確定しましたら、輸入貨物引き取りにかかる消費税を含めて消費税科目の期末残高を0円にするために相殺仕訳を入力していただく必要があります。

 

(ア)税抜経理の場合

例:決算の結果、消費税の納付金額が1,500,000円と計算された。

なお、原則課税を選択しており、仮払消費税は4,800,000円、(内訳:通常消費税4,000,000円 輸入消費税 国税分630,000円 地方税分170,000円)、仮受消費税は6,400,000円であった。

 

上記仕訳を「帳簿」→「振替伝票入力」より入力してください。

 

(イ)税込経理の場合

例:決算の結果、消費税の納付金額が1,500,000円と計算された。

(原則課税を選択しており、輸入消費税80,000円(内訳 国税分63,000円 地方税分17,000円)は発生時に仕入科目で処理してあった。)

 

上記仕訳を「帳簿」→「振替伝票入力」より入力してください。

 

※上記仕訳は借方・貸方金額が同額のため、「帳簿」-「簡易振替伝票入力」からも入力ができます。

 

 

B.旧製品にて輸入仕入取引用の勘定科目を作成したデータを14シリーズ以降の製品へコンバートし、新たに追加された輸入仕入取引用の税区分に置換する方法

 

旧製品(13シリーズ以前)にて「輸入消費税」科目を作成し、輸入貨物引き取りにかかる消費税(国税・地方税)を入力している場合は、[仕訳置換]機能を利用し、新たに追加された輸入仕入取引用の税区分に置換することが可能です。

 

1.あらかじめ、「ツール」→「旧製品データコンバート」より、旧製品(13シリーズ以前)のデータを14シリーズ以降の製品へコンバートします。

 

2.帳簿設定を変更します。

(ア)「ファイル」→「環境設定」を開きます。

 

(イ)「帳簿設定」タブをクリックします。

 

 

(ウ)帳簿動作が「帳簿動作1」になっている場合は▼をクリックし、「帳簿動作2」を選択後、画面下の[設定]ボタンをクリックしてください。

(既に「帳簿動作2」を選択されている場合はこの処理は不要です。画面下の[キャンセル]ボタンより画面を終了してください。)

 

image015.jpg

 

3.「帳簿」→「振替伝票入力」を開き、画面上の[検索・置換]ボタンをクリックして「仕訳置換」を選択します。

 

※各帳簿の「機能」にて、ファンクションキーの配列を「配列2」と設定している場合は、ファンクションキーの配列が下図と異なりますのでご了承ください。

 

4.「仕訳置換」画面が表示されますので、輸入貨物引き取りにかかる消費税(国税)の税区分を置き換えるため、条件を設定します。

 

<税抜経理の場合>

 

(ア)【置換前】の〔勘定科目〕に[輸入消費税]、〔補助科目〕に[国税分]、〔税区〕に[0 対象外]と設定します。

 

(イ)【置換後】の〔勘定科目〕に[輸入消費税]、〔補助科目〕に[国税分]、〔税区〕に[61 輸入仕入(課税売上)国税]と設定します。

 

<税込経理の場合>

 

(ウ)[開始]ボタンをクリックします。

 

5.【置換前】の条件(〔勘定科目〕が[輸入消費税]、〔補助科目〕が[国税分]、〔税区〕が[0 対象外])に一致した仕訳伝票が表示されます。

 

確認画面の[この仕訳、及び以降の置換候補の伝票を全て一括で置換する]を選択します。その後表示される確認画面は[OK]ボタンを選択します。

 

〔税区〕が【置換後】に設定した[61 輸入仕入(課税売上)国税]に置き換えられます。

 

6.次に、輸入貨物引き取りにかかる消費税(地方税)についても、条件を設定し税区分を置換します。

 

<税抜経理の場合>

 

 

<税込経理の場合>

 

7.同様に、商品の輸入仕入れについても、条件を設定し税区分を置換します。

※商品の輸入仕入以外で税区分0を設定している「仕入高」がある場合は、置換機能を使用せず、手動で税区分変更をしてください。

 

【置換前】の〔勘定科目〕に[仕入高]、〔税区〕に[0 対象外]と設定します。

【置換後】の〔勘定科目〕に[仕入高]、〔税区〕に[51 輸入仕入(課税売上)本体]と設定します。

 

※商品の輸入仕入の際に、勘定科目や補助科目にて科目を管理している場合には、該当の科目を選択してください。

 

8.処理が完了しましたら、「ファイル」→「環境設定」画面の「帳簿設定」タブを開き、帳簿動作を「帳簿動作1」に設定し、「設定」ボタンをクリックします。

※手順B-2(ウ)にて帳簿動作を変更していない場合は、この処理は不要です。

 

9.「振替伝票入力」は画面右上の[終了]より終了し、「導入」→「勘定科目設定」を開きます。

 

10.旧製品にて作成した「輸入消費税」の補助科目(「国税分」「地方税分」)の税区分を変更します。

※税込経理の場合、本作業は不要です。11へお進みください。

 

(ア)画面右上の[詳細表示]をクリックします。

 

(イ)「輸入消費税」-「国税分」の「借方税区」を「61 輸入仕入(課税売上)国税」に、「貸方税区」を「65 課税輸入仕入返還国税」に変更します。

 

(ウ)「輸入消費税」-「地方税分」の「借方税区」を「64 輸入仕入 地方税」に、「貸方税区」を「68 輸入仕入返還 地方税」に変更します。

 

(エ)「勘定科目設定」は画面右上の[終了]より終了します。

 

11.置換完了後に発生する輸入仕入取引については下記のように仕訳入力します。

 

例:海外から商品を1,000,000円で仕入れ、輸入貨物引き取りにかかる消費税を80,000円(国税:63,000円、地方税:17,000円)支払った場合

 

<税抜経理の場合>

 

<税込経理の場合>

 

12.上記仕訳を入力することによって、「消費税申告王」(みんなの青色申告の場合は「消費税」)

→「消費税申告書作成」-「消費税申告書設定」-「仕入」タブにおける

「輸入仕入(課税売上)国税」の消費税欄に63,000円が、「輸入仕入地方税」の消費税欄に

17,000円が自動集計されます。

 

13.消費税の納税額が確定しましたら、輸入貨物引き取りにかかる消費税を含めて消費税科目の期末残高を0円にするために相殺仕訳を入力していただく必要があります。

 

(ア)税抜経理の場合

例:決算の結果、消費税の納付金額が1,500,000円と計算された。

なお、原則課税を選択しており、仮払消費税は4,520,000円、輸入消費税80,000円(内訳:国税分63,000円 地方税分17,000円)、仮受消費税は6,200,000円であった。

上記仕訳を「帳簿」→「振替伝票入力」より入力してください。

 

(イ)税込経理の場合

例:決算の結果、消費税の納付金額が1,580,000円と計算された。

(原則課税を選択しており、輸入消費税80,000円(内訳:国税分63,000円 地方税分17,000円)は発生時に仕入科目で処理してあった。)

上記仕訳を「帳簿」→「振替伝票入力」より入力してください。

 

※上記仕訳は借方・貸方金額が同額のため、「帳簿」-「簡易振替伝票入力」からも入力ができます。

※「輸入貨物引き取りにかかる消費税」についての経理処理について、具体的な仕訳または使用科目につきましては管轄の税務署や税務相談窓口、税理士様・会計士様へ必ずご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています