ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.早出残業時間を「給与データ入力」の勤怠項目に転送する方法

対象製品
給料王18以降

 

タイムカード入力画面で表示される「早出残業時間」を給与データ入力の勤怠項目に転送する場合は、「早出残業時間」という項目を勤怠項目に作成し、転送することができます。

 

<操作手順>

 

1.「設定」→「項目設定」を開きます。

 

2.「勤怠(1)」タブを開き、[追加]ボタンをクリックします。

image001.jpg

3.項目名を入力します。項目種別は「時間」を選択します。

 

4.項目属性欄の▼ボタンをクリックします。

「早出残業時間」を選択し、「グループへ登録する」のチェックマークが入っている状態で、[設定]ボタンをクリックします。

 

 image002.jpg

 

5.「グループへ登録」画面が表示されます。

この項目を使用しないグループのチェックマークは外し、[設定]ボタンをクリックします。

※早出残業時間を使って金額を計算したい場合は、支給項目も作成し、計算式を設定して下さい。

 image003.gif

 

6.「労務管理」→「タイムカード入力」(給料王18以前の場合には、【労務管理】タブ→「就業」→「タイムカード入力」)画面を開きます。

 

7.[転送]ボタンをクリックします。

「転送先給与年月」は、給料王のどの月に転送するか指定します。選択できる月は“最新給与月”か“最新給与月より1ヶ月前の給与処理月”です。

下図の場合、最新給与月が「1月」となっているため、「転送先給与年月」は「1月」か「12月」から選択が出来ます。

 

 image004.jpg

 

8.「転送条件」を指定し[転送]ボタンをクリックします。

 

 image005.jpg

 

9. 以下の確認メッセージが表示されますので[OK]ボタンをクリックします。

 

 image006.jpg

 

10.転送結果がメモ帳に記載され画面表示されます。

 

 image007.jpg

 

11.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。

 

12.[計算処理]ボタンをクリックします。

計算条件は「社員情報より計算」を選択し、対象社員も該当する方を選択します。

 

13.「取り込んだ勤怠情報を使用する」にチェックマークをつけて[設定]ボタンをクリックします。

 

 image008.jpg

 

14.取り込まれた勤怠情報を確認します。

 

【タイムカード入力の合計部】       【給与データ入力(台帳形式)】

image009.jpg

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています