ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.賞与の社会保険料の算出方法

対象製品
給料王18以降

 

賞与から控除する社会保険料は、給与の計算方法とは異なり、賞与総額の1,000円未満を切り捨てた金額(これを「標準賞与額」といいます)に、各保険料の負担率を乗じて計算されます。
また、社会保険料は標準賞与額に負担率を乗じる際に、各保険によって対象の上限額が設けられています。
なお、平成28年4月1日より健康保険料・介護保険料の対象となる上限額が年間累計額540万円から573万円に引き上げられました。

image001.gif


※健康保険・介護保険・厚生年金それぞれの対象上限額を超えた分については、保険料はかかりません。
給料王では以下の内容で自動計算されます。

 

<操作手順>

 

賞与支給の際、賞与額以外に手当の支給がある場合は、その手当を標準賞与額として設定することができます。

 

1.「設定」→「項目設定」を開きます。

 

2.画面左上の「項目」欄の▼をクリックし、「賞与」に切り替え、「支給」タブをクリックします。

 

3.標準賞与額として設定したい項目名をクリックし、黒枠で囲まれましたら、画面左上の[修正]ボタンをクリックします。

image002.gif

 


4.社会保険料の対象となる標準賞与額として設定する場合は、「項目属性」欄の「標準賞与額<社会保険>」にチェックマークを入れて、右上の[設定]ボタンをクリックします。

image003.jpg

 

5.「設定」→「給与規定」→「社会保険」タブを開き、設定されている各保険料の負担率を確認します。

image004.jpg

 

健康保険の負担率は、都道府県ごとの改定になります。上記の例は、協会けんぽの東京都の負担率です。(平成29年10月1日時点)

 

6.「賞与」→「賞与データ入力(台帳形式)」を開きます。

 

(ア)各保険料の標準賞与額の上限を超えない場合  
例:賞与額1,350,700円を支給

 

a.支給項目の「賞与」に1,350,700円と入力します。

image005.gif

 

b.標準賞与額は1,000円未満を切り捨てになりますので、1,350,000円になります。1,350,000円に対して、保険料率を乗じて計算します。

 

健康保険料:1,350,000×49.550÷1,000= 66,892.5
基本保険料:1,350,000×30.900÷1,000= 41,715
特定保険料:1,350,000×18.650÷1,000= 25,177.5
介護保険料:1,350,000× 8.250÷1,000= 11,137.5
厚生年金保険料:1,350,000×91.500÷1,000=123,525

 

(イ)各保険料の標準賞与額の上限を超えた場合  

 

例:前回(4月1日以降)賞与額3,000,000円支給済み
今回賞与額3,000,000円を支給

 

a.支給項目の「賞与」に3,000,000円と入力します。

image006.jpg

 

b.健康保険料・介護保険料の対象となる標準賞与額の上限額は、年間で573万円です。賞与3,000,000円に対して今回の標準賞与額は、上限額5,730,000円から前回支給賞与3,000,000円を差し引いた2,730,000円になります。
健康保険料・介護保険料の計算は、この標準賞与額2,730,000円にそれぞれの負担率を乗じます。

 

※3,000,000円から2,730,000円を引いた270,000円に対しては健康保険料・介護保険料は計算されませんのでご注意ください。

健康保険料:2,730,000×49.550÷1,000=135,271.5
基本保険料:2,730,000×30.900÷1,000= 84,357
特定保険料:2,730,000×18.650÷1,000= 50,914.5
介護保険料:2,730,000× 8.250÷1,000= 22,522.5

 

c.厚生年金については1ヶ月の賞与につき、対象となる標準賞与額の上限額が150万円なので、保険料の計算は上限額150万円に負担率を乗じます。
厚生年金保険料:1,500,000×91.500÷1,000=137,250

 

※1円未満の端数処理の方法については、「設定」→「給与規定」→「端数処理」タブで設定ができます。

image007.jpg

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています