ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.期末残高繰越処理実行時にエラーが発生する場合

対象製品
会計王18以降
会計王18介護事業所スタイル以降
MA1
会計王18PRO以降
みんなの青色申告18以降

 

「ファイル」→「データ選択」画面で、事業所フォルダーが以下のような配置になっている場合は、期末残高繰越処理が起動できない、または正しく繰越処理が行われないことがあります。

 

A.前年度データと今年度データが同じ事業所フォルダー内に無い場合

 

このような配置の場合、「導入」→「期末残高繰越処理」を起動しようとすると下のエラーメッセージが表示されます。

 

 

 

B.会計年度の並び順が昇順(古い年度から)になっていない場合

 

この場合、会計期間2XX2/04/01~2XX3/3/31のデータにて期末残高繰越処理を行いますと、会計期間2XXX/04/01~2XX1/3/31のデータの期末残高が繰り越されてしまいます。

 

A.B.のような場合、以下の操作をお試しいただくことで、期末残高繰越処理が正しく行えるようになります。

 

<操作手順>

 

A.前年度データと今年度データが同じ事業所フォルダー内に無い場合

 

1.「ファイル」→「データリスト管理」を開きます。

 

2.移動したいデータをクリックし、画面左下の[移動]ボタンをクリックしてください。

 

3.[移動]から[貼り付け]に文字が変わりますので、移動したい場所をクリックし、[貼り付け]ボタンをクリックしてください。上記2で選択したデータが移動したい場所として選択したデータの一行下に移動します。

 

4.並び替えが終わりましたら、画面右下の[閉じる]ボタンをクリックし、再度期末残高繰越処理を行ってください。

 

※不要な事業所フォルダーを削除する場合は、該当のフォルダーを選択し、[削除]ボタンをクリックしてください。

 

 

B.会計年度の並び順が昇順(古い年度から)になっていない場合

 

1.「ファイル」→「データリスト管理」を開きます。

 

2.順番を入れ替えたいデータをクリックし、[移動]ボタンをクリックしてください。

 

3.[移動]から[貼り付け]に文字が変わりますので、移動したい場所をクリックし、[貼り付け]ボタンをクリックしてください。上記2で選択したデータが移動したい場所として選択したデータの一行下に移動します。

 

4.並び替えが終わりましたら、画面右下の[閉じる]ボタンをクリックし、再度期末残高繰越処理を行ってください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています