ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.伝票日付の下に表示されるマーク(伝票アイコン)の種類について

対象製品
会計王18以降
会計王18NPO法人スタイル以降
会計王18介護事業所スタイル以降
MA1
会計王18PRO以降
みんなの青色申告18以降

 

「簡易振替伝票入力」「出納帳入力」「元帳」「仕訳日記帳」の各画面の日付の下に、どこで作成された仕訳かわかるように、アイコン(絵)が表示されるようになっています。

伝票アイコンは、別の伝票あるいは帳簿で修正しても、更新されません。

※一番最初に作成されたアイコンがそのまま表示されています。

※単一仕訳を振替伝票に変換した場合は「振替伝票入力」のマークに変更されます。

 

A.アイコンの説明

 

 

「簡易振替伝票入力」「らくらく仕訳入力」の画面にて入力した仕訳を表します。

「振替伝票入力」の画面にて入力された仕訳を表します。

「出納帳入力」の画面にて入力された仕訳を表します。

「元帳」の画面にて入力された仕訳を表します。

 

(PRO製品のみ)「エキスパート仕訳入力」の画面にて入力された仕訳を表します。

 

「配賦」した際に生成された仕訳を表します。

 

「仕訳データ受入」で受入れた仕訳を表します。

 

「減価償却費仕訳転送」で転送された仕訳を表します。

 

「手形仕訳転送」で仕訳転送された仕訳を表します。

 

データ交換機能により追加された仕訳を表します。

 

「家事関連費計算表」で仕訳転送された仕訳を表します。

 

「給料王シリーズ」より仕訳転送された仕訳を表します。

 

「販売王シリーズ」より仕訳転送された仕訳を表します。

 

B.ポイント

1.便利な機能

マークから伝票を呼び出す(「出納帳入力」「元帳」のみ)

「出納帳入力」「元帳」では、伝票アイコンをダブルクリックすることでその仕訳を「簡易振替伝票入力」または「振替伝票入力」で表示させて修正することができます。

2.「手形仕訳転送」「減価償却費仕訳転送」で転送された仕訳について

「手形仕訳転送」「減価償却費仕訳転送」で転送された仕訳は帳簿画面で修正できますが、訂正をしても「手形登録」「減価償却資産登録」に登録されている手形や資産の内容は変更されません。

仕訳を修正したことにより、「手形登録」「減価償却資産登録」の登録内容を変更したい場合は、それぞれの機能で登録内容を直接変更してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています