ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.変換すると「?」になる漢字の登録方法

対象製品
給料王18以降

 

社員名等を入力した際、漢字に変換して「Enter」キーを押すと変換された漢字が『?』に変わってしまう場合があります。

 

ソリマチの製品では「シフトJIS」対応製品となり、「ユニコード」には対応しておりません。そのため、文字を確定するまでは表示できても、確定した段階で「シフトJIS」に相当する文字を表示しようとするので、「シフトJIS」に確定したい文字が無ければ「?」の表示になってしまいます。

Wordやメモ帳で変換出来ても、ソリマチ製品で変換すると「?」マークになってしまいます。

この場合の対処方法ですが、外字エディターを利用して外字登録していただくようになります。外字エディターの操作方法につきましては下記作業を行って下さい。

 

<操作手順>

 1.外字エディターを起動します。

(ア)Windows10/8.1/8/7/Vistaの場合

キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」画面を表示します。名前欄に「eudcedit」と入力し、[OK]ボタンをクリックします。

管理者のパスワードを要求するダイアログボックスが表示された場合は、パスワードを入力して「OK」をクリックし、確認を要求するダイアログボックスが表示された場合は、[続行]をクリックします。

 

(イ)WindowsXPの場合

「スタート」ボタンをクリックし、「すべてのプログラム」をポイントします。

次に、「アクセサリ」をポイントし、「外字エディター」をクリックします。

 

2.コードを選択します。

まず、外字を登録するコードを指定します。

次に[OK]ボタンをクリックします。

ここでは例として、「F040」をクリックして、選択しています。

 

 

3.外字を作成します。

外字エディターで外字を作成するには、2つの方法があります。

 

(ア)パレットを使用する場合

左側にあるパレットの機能を使用して作成します。

パレットの機能を上から順に説明します。

  • 鉛筆

キャンバスをクリックすると、1 マス塗りつぶします。右クリックで、消すこともできます。

  • ブラシ

キャンバスをクリックすると、正方形で 4 マス塗りつぶします。右クリックで、消すこともできます。

  • 直線

キャンバスをクリックしたまま起点を設定し、任意の場所でクリックを離して終点を設定します。2点の間に直線が表示されます。

  • 四角形

キャンバスをクリックしたまま起点を設定し、任意の場所でクリックを離して終点を設定します。2 点を対角線にもつ四角形が表示されます。

  • 塗りつぶし四角形

キャンバスをクリックしたまま起点を設定し、任意の場所でクリックを離して終点を設定します。2 点を対角線にもつ四角形が表示されます。ただし、四角形の中は塗りつぶされています。

  • 楕円

キャンバスをクリックしたまま起点を設定し、任意の場所でクリックを離して終点を設定します。楕円、または円が表示されます。

  • 塗りつぶし楕円

楕円、または円が表示されます。キャンバスをクリックしたまま起点を設定し、任意の場所でクリックを離して終点を設定します。ただし、楕円の中は塗りつぶされています。

  • 四角形選択

キャンバスをクリックしたまま起点を設定し、任意の場所でクリックを離して終点を設定します。2 点を対角線にもつ四角形の範囲が表示されます。この範囲の内側にあるものを選択しており、[コピー] や、[切り取り] ができます。

  • 自由選択

キャンバスをクリックしたまま起点を設定し、任意の場所でクリックを離して終点を設定します。この範囲の内側にあるものを選択しており、[コピー] や、[切り取り] ができます。

  • 消しゴム

黒く塗りつぶされた部分を、1 マスずつ消すことができます。

 

(イ)既存の文字をコピーする場合

既存の文字をコピーして新しい外字を作成するには、次の手順で操作をします。

 

a.メニューバーの「編集」メニューから「文字のコピー」をクリックします。

 

b.「文字のコピー」ダイアログ画面より、[フォント名]ボタンをクリックし、コピーする文字が登録されているフォントを選択します。

ここでは[MSゴシック]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

 

c.コード番号一覧でコピーする文字をクリックし、[OK]ボタンをクリックします。

 

d.確認します。ここでは例として、作成した文字を確認しています。

 

e.保存します。「編集」メニューから、「同じコードで保存」をクリックします。

f.外字を作成しましたら、「外字エディター」画面を終了し、パソコンを再起動します。

 なお、外字を作成した後に実際に入力する操作は、下記の手順となります。

 

4.「社員情報設定(個別入力)」で外字エディターを使用する場合

ここでは、例として[設定]→「社員情報設定(個別入力)」で氏名を入れる場合をご案内致します。

 

(ア)WindowsXPの場合

a.氏名の欄で「がいじ」と入力しキーボードの[F5]キーを押します。

 

b.「IMEパッド-文字一覧」画面が表示される状態となります。

作成した外字の文字が表示されますので、入力したい文字をクリックします。

 

c.「がいじ」と入力していた箇所に、選択した文字が表示されます。[Enter]キーで確定して下さい。

 

d.外字を入力しますと、フリガナ欄にも外字の文字が入力されます。

入力後にはフリガナ欄をご確認頂き、修正をお願い致します。

 

(イ)WindowsVista/7/8/8.1/10の場合

a.氏名の欄で「がいじ」と入力しキーボードの[F5]キーを押します。

 

b.「IMEパッド-文字一覧」画面が表示されます。

[文字カテゴリ]欄を下にスクロールし、『シフトJIS』をクリックします。

 

c.次に、[文字カテゴリ]欄にある『外字』をクリックします。

作成した外字の文字が表示されますので、入力したい文字をクリックします。

 

d.「がいじ」と入力していた箇所に、選択した文字が表示されます。[Enter]キーで確定して下さい。

 

e.外字を入力しますと、フリガナ欄にも外字の文字が入力されます。

入力後にはフリガナ欄をご確認頂き、修正をお願い致します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています