ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.共通部門の配分の利用方法

対象製品
会計王18以降
会計王18NPO法人スタイル以降
会計王18介護事業所スタイル以降
MA1
会計王18PRO以降
みんなの青色申告18以降

 

「集計」→「部門別実績集計表」、「予算実績管理表(実績対比/月次比較)」または「分析」→「部門別経営分析」、「損益分岐点分析」画面で、仕訳入力の際にどこの部門にも属さない「全事業所(共通)」とした金額を各部門に配分して表示することが可能です。

なお、「導入」→「勘定科目設定」で部門管理「有」にした勘定科目ごとに配分率を設定することもできます。

 

A.操作手順

 

1.どの部門にも該当しない電話料金の支払いがあった場合は、下記のように「全事業所(共通)」を使用して仕訳を入力します。

2.「集計」→「部門別実績集計表」、「予算実績管理表(実績対比/月次比較)」(※)または「分析」→「部門別経営分析」(※)、「損益分岐点分析」画面で「全事業所(共通)」にて仕訳をした金額を各部門へ配分するには、配分率を「導入」→「共通部門の配分」にて設定していただく必要があります。

※「予算実績管理表」および「部門別経営分析」は王シリーズのみの機能です。

 

(ア)「導入」→「部門設定」で設定した配分率が、「導入」→「共通部門の配分」にて各勘定科目の初期値として表示されます。各勘定科目の配分率に変更がある場合は、必要に応じて「導入」→「共通部門の配分」画面で修正してください。

 

<「導入」→「部門設定」画面>

<「導入」→「共通部門の配分」画面>

 

(イ)各科目の「配分率計」が100%になっていることを確認し、画面右上の[終了]をクリックしてください。

 

3.「導入」→「共通部門の配分」にて設定した配分率については、「集計」→「部門別実績集計表」、「予算実績管理表」または「分析」→「部門別経営分析」、「損益分岐点分析」画面で[共通部門配分]を選択することで[通信費]-「全事業所(共通)」で仕訳をした金額を、設定した割合で各部門に金額を配分します。

 

例:「部門別実績集計表」にて、共通部門の仕訳を各部門へ配分する方法

 

(ア)「集計」→「部門別実績集計表」を開きます。

 

(イ)画面右上の[共通部門配分]をクリックします。

 

 

(ウ)「導入」→「共通部門の配分」画面で設定した配分割合で各部門に金額が配分されます。

 

B.ご注意ください

 

1.「共通部門配分」により配分された金額について

 

「集計」→「部門別実績集計表」、「予算実績管理表」または「分析」→「部門別経営分析」、「損益分岐点分析」画面で[共通部門配分]を選択した場合、自動的に各部門への配分仕訳が作成されることはありません。

合計残高試算表等で各部門の金額を配分後の金額にする場合は、別途「帳簿」画面や「管理」→「配賦」にて仕訳の入力が必要です。

 

2.「導入」→「共通部門の配分」にて設定した配分率の初期化について

 

(ア)配分率の変更後に、「部門設定」で設定した初期値の配分率に戻したい場合は、画面左上の[初期化]ボタンより、「部門設定」で配分した配分率に戻すことができます。

 

(イ)「初期化」ボタンをクリックすると、下図の画面が表示されます。

 

a:全ての科目の配分率を「部門設定」で設定した初期値の配分率に戻す場合は、「○部門管理されている全ての勘定科目」にチェックをして、[設定]ボタンをクリックします。

 

b:選択された科目のみ、「部門設定」で設定した初期値の配分率に戻す場合は「○現在選択している勘定科目のみ」にチェックをして、[設定]ボタンをクリックします。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています