ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.テキストデータ入力について

対象製品
顧客王18以降

 

顧客王以外のソフトから出力したテキストデータや、エクセル等で作成したデータを顧客王に取り込む場合には、顧客王のレイアウトに合わせたデータを作成していただくか、または顧客王側で取り込み元データの形式に合わせた入力形式を作成していただきます。

顧客王側での入力形式編集方法は以下の方法となります。

 

<操作方法>

1.ダイレクトメニューの「ツール」-「テキストデータ入力」を開きます。「テキストデータ入力」画面が表示されますので、画面左下の[入力形式編集(E)]ボタンをクリックします。

 

2.「入力形式編集」画面が表示されます。

 

≪入力形式編集≫  

編集を行う「入力形式名称(L)」を選択します。

 

(ア)移動:項目の順番を変更する場合は、順番を変更したい項目をクリックして選択し、[↑]や[↓]ボタンで順番を変更します。

 

(イ)削除:「入力形式」内の対象項目から、取り込み元のデータと一致する項目を残し、不要な項目は削除します。削除する項目をクリックし、[削除(E)]ボタンで削除が可能です。

※取り込みのための必須項目は削除できません。以下の(エ)をご確認ください。

 

(ウ)追加:「入力形式」内の対象項目に、取り込み元のデータと一致させるために不足している項目を追加します。追加したい行の項目を選択し、[追加(A)]ボタンから追加を行います。

 

(エ)テキスト入力時の必須項目

必須項目が未設定の場合はテキストデータ入力ができません。

入力形式ごとの必須項目はメニューバーの「ヘルプ(H)」-「顧客王のヘルプ(H)」で確認できます。ヘルプ画面左側の「ツール」-「テキストデータ入出力 登録済みデータ形式一覧」をクリックし、画面右側の「登録済みデータ形式」をご覧ください。

 

 

                                                    

 

3.入力形式を編集されましたら、 [別名保存(F11)]ボタンをクリックします。

                           

「レイアウト名称」を入力し、[保存(F12)]ボタンをクリックします。

 

4.「テキストデータ入力」画面に戻ります。

「入力形式名称(L)」で、手順3.で別名保存した入力形式を選択します。

 

5.[参照(R)]ボタンをクリックすると以下の画面が表示されますので、入力するテキストファイルを選択します。

 

6.「入力ファイル名(F)」欄にテキストファイル名が表示されましたら、[開始(F12)]ボタンをクリックすると入力が開始されます。

※入力ができない場合は、エラー内容が表示されます。表示されたエラー結果に基づき入力形式、または取り込みファイルを修正してから、再度テキストデータ入力をお試しください。

「データは取り込まずエラーチェックのみ行なう(K)」にチェックを入れて[開始(F12)]ボタンをクリックすると、テキストデータ入力前に取り込み可能かどうかの確認ができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています