ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「複合」科目を使用して「諸口」仕訳を入力する方法

対象製品
会計王18以降
会計王18NPO法人スタイル以降
会計王18介護事業所スタイル以降
MA1
会計王18PRO以降
みんなの青色申告18以降

 

「諸口」という勘定科目を仕訳で使用する場合は、「導入」→「勘定科目設定」の【特別勘定】に「複合」科目をご用意しております。「諸口」科目と同様の意味合いで「複合」科目をご使用いただけます。

 

「複合」とは・・・

ひとつの科目に対して相手科目が複数あり、勘定科目ごとの金額が特定できないときに使用します。

 

<操作手順>

 

1.「複合」を利用して仕訳を行う際は以下のように入力します。

 

<例>買掛金の支払時に振込手数料を支払った場合

(借方)買掛金    100,000  (貸方)普通預金    100,756

    支払手数料    756

 

「帳簿」→「簡易振替伝票入力」の場合

 

2.上のような仕訳を入力しますと、「帳簿」→「元帳」より、「複合」の元帳を見ることができます。

 

3.なお年度末において、「帳簿」→「元帳」画面を開いた際に、「複合」の残高は必ず0円になるように入力をお願いします。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています